PVアクセスランキング にほんブログ村

自転車の二段階右折。右折レーンに行く自転車。

先日とある交差点にて。

第三通行帯(右折レーン)から右折してますが、自転車は二段階右折なので当然違反として。

二段階右折

自転車は二段階右折義務があるので(34条3項)当然違反ですが、違反だとして糾弾するだけならバカでもできるので。
今回はちょっと違う視点から検討します。

この交差点は、変則十字路とでも言いましょうか。
完全歩車分離式の交差点でもあります。

模式図にしてみました。
横断歩道は割愛します。

当該自転車がいる位置はここ。

この道路における「直進」というのは、この関係性です。

交差点の定義は2以上の車道が交わる部分なのですが、おそらく交差点の範囲はこうなるかと。
より正確に言いますと、警察が「交差点事故」と認定する基準は横断歩道の端まで含みます。

さて、自転車が二段階右折する際はどちらが正しいのでしょうか?

正解は「知りません」。笑。
あえていいますと、この位置で停止した場合、左右方向が青信号になったあと、後続車が左折しようとして「追い抜き被せ左折」を喰らわしてくるリスクがあります。

左右道路については交差点内が長いのでね。
なので、こっちまで詰めてしまうことが悪とは思わない。
被せ左折する車についても大概にしてほしいけど。
プレイするときは被せないくせに自転車に対して被せるなんて、人として間違ってますよ。

ところで、この交差点は歩車分離式。
つまりは横断歩道と車道が同時に青になることはありません。
その結果何が起こるかというと、左折巻き込みリスクが出てくる。

左折車が多いし、自転車が右折する際は

軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

左側端に寄って徐行。
横断歩道が同時に青になれば左折車は横断歩行者のために一時停止するけど、横断歩道が赤なのでガンガン左折していく。
あっ、もちろん左折車にも徐行義務があります。

何が言いたいのかというと、自転車が直進したり右折することを全く想定してないと言いますか。
慣れてる人なら一度歩道に乗り上げてから横断歩道を使って横断していくでしょうけど、初見では何だかよくわからない。
事実上、T字路がダブルみたいな構造だし。

自転車が二段階右折する理由

自転車には二段階右折義務がありますが、理由は主に2つ。

①速度が遅い自転車が、道路中央に寄るにはリスクが大きい。
②速度が遅い自転車は、事故回避のため歩行者と同じ動き方をさせたい

ところで冒頭の自転車について。

二段階右折義務があることを知らないのか、知っていてわざとこのプレイに興じているのかはわかりません。
聞いてみたいところですが、歩道から大声で質問するわけにもいかないし笑。
たぶん前者じゃないかとは思いますが。

自転車ナビライン(法定外表示)って、こういう「動き方がよくわからない交差点」に設けるべきなのか、それとも実情を考えると無いほうがいいのかについてはわかりません。
実情というのは、これ。

ナビラインがあれば自転車の動き方をドライバーに注意喚起する手段になりうるとも言えます。

どちらにせよ、私が見ている範囲だと、直進もしくは右折する自転車は、どっちかの行動になっているような気がします。

①歩道に乗り上げてから横断歩道を使って横断
②右折レーン行き(違反)

知っていてわざとなのか、知らずに右折レーンプレイしているのかはわかりません。
個人的な考えとしては、結局のところ迷いや懸念があるなら無理に車道のみを通行する必要はなく、歩道に乗り上げてから考えればいいやくらいにしか思っていません。

迷っているうちにも自転車は進みますし。
迷いが生じるときが一番危ない。

右折レーンに進行する自転車を擁護するつもりはありませんし、自転車もルールくらいは勉強してから乗るべきだと強く思いますが、事実上のT字路って道路交通法通りに右折すると左折巻き込みリスクが増えるという珍事も勃発します。
そのリスクを避けるため、「自転車の交差点進入禁止規制」を掛けているところすらあるし。

ちょっと不思議だなと思いつつも、なるほどなとも思ったこと。 道交法63条の7第2項に、交差点進入禁止の規定があります。 (交...

ですがこの規制を掛けている理由についても、「追い抜き被せ左折」の横行が一つの原因だったりする。
被せ左折って危険なので本当にやめて欲しいのですが、右折レーン先端で待機する自転車を見ていたら、何か上手く自転車を流す方法ってないんかな?とちょっと考えてしまいました。

自転車には二段階右折義務があるし、ルールを知らないことは何ら擁護に値しないとはいえ、非難するだけならバカでもできる。
どうすればルールを知ってもらい、ルールをわかりやすくし、ルールを守りやすくできるかも一つの解決方法ではありますが、最初から「ルールを守る気がない人」もいるのでそれについてはお話にならないけど。





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…