PVアクセスランキング にほんブログ村

VAAST BIKES、マグネシウムフレーム。

ロードバイクのフレーム素材というと、カーボン、アルミ、クロモリ、チタンなどがありますが、マグネシウムフレームにこだわりを持つブランドもあります。
それがVAAST BIKESです。

VAAST BIKES

VAAST BIKESはALLITE SUPER MAGNESIUMを使用するマグネシウムフレームにこだわりを持つブランド。
マグネシウムフレームというと、かつてはピナレロのドグマもマグネシウムフレームでした。

ロードバイクのフレーム素材は、カーボン、アルミ、クロモリ、チタン、木など様々あります。 現状での主流はもちろんカーボンであったりアルミなの...

マグネシウムフレームはアルミよりも軽量で、振動吸収もカーボンに近い特性を持つとされていますが、加工の難しさや腐食しやすさなどから、あまり一般化しなかったとみていいでしょう。
カーボンのほうが製造が楽なんでしょうし。

VAAST BIKESのマグネシウムフレームについては、スチールよりも75%軽く、アルミよりも33%軽いそうな。

VAAST BIKES MODEL R/1

https://www.vaastbikes.com/

VAAST BIKESにはロード、グラベル、マウンテンバイク、クロスバイクなどがあるようですが、このモデルはロードバイク。
フレーム重量1250gとなっています。

エアロ形状の金属フレームで1250gなので、結構軽い。
一時的、アルミフレームでもエアロ形状のフレームがいくつかありましたが、だいぶ滅亡しちゃいましたよね。
完成車は105、アルテグラ、スラムFORCE AXSとなっています。

これ、近々日本でも販売されるらしく。
既にクロスバイクについては販売されているんですよ。

https://www.probikeshop.jp/productname-M917899.html

これもマグネシウムフレーム。
コンポがMicroSHIFTの1×9、油圧ディスクで189000円となっているので、クロスバイクとしては高級な部類と考えてよい。

マグネシウムフレームについてはフレーム素材としてはメジャーとは言い難いですし、他社がマグネシウムに手を出してくるとも考えにくい。
他にマグネシウムフレームのロードバイクとなるとかなり限られたものしかありませんが、金属フレームのほうが好きな方には新たな選択肢になるでしょう。





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…