PVアクセスランキング にほんブログ村

[2023モデル]FUJI MADCAP。クラリスコンポのフラットバーロード。

フジの2023年モデルが発表されました。
基本は継続モデルなんですが、なぜかレーシングのロードバイクが見当たらないような?

とりあえずフラットバーロードのMADCAPを。

2023 FUJI MADCAP


MADCAPは継続モデルです。
昔で言うところのROUBAIX AURAに当たるフラットバーロードですが、個人的にはフジのシルバー感が結構好きだったりする。

アルミフレームにカーボンフォーク、コンポはクラリス(2×8)。
リムブレーキで25cタイヤ、重量も8.9キロなので軽量。

2022年が108900円(税込)だったのが、2023年モデルは115500円(税込)。
この時代、値上げはしょうがない。

MADCAPは軽量アルミロードだったROUBAIXの流れを引き継いでいるのですが、地味にチェーンステイに左右非対称を採用したりこだわりをみせているのもポイント。
何年か前は軽量アルミロードのブーム(?)が確実にあって、ジャイアントのTCR SLRだとか、フジのROUBAIXだとか、トレックのエモンダALRだとか、キャノンデールのCAADだとか軽量アルミフレームの選択肢は充実してました。
コルナゴとかも軽量アルミがありましたね。

軽量アルミはだいぶ滅亡してしまいましたが、そういやフラットバーロードも以前はもっとあったはず。
今のフラットバー界は、むしろタイヤ太めのグラベルロード的方向に進んでいるものが多いので、フジのMADCAPはある意味では「ブレない存在」なのかもしれません笑。

トレックのクロスバイクとか、フロントシングルのグラベルコンポにしたりだいぶグラベル寄りになりましたもんね。
チェーンステイ長も短めでロードバイク的味付けのフラットバーとなると、本当に少なくなりました。

グラベル寄りのフラットバーも盛り上がりをみせているし、どっちがいいと言えるものではなくて使い方次第でしょうけど。

時代の流れ

フラットバー界は盛り上がっているのか?と聞かれると、うーんどうなんでしょ?
昔でいうならとりあえずジャイアントのエスケープ買っとけ!みたいな流れがあって、エスケープなのかジオスのミストラルなのか?みたいな選択があって。


気のせいなのか、以前のクロスバイクブームの時みたいな盛り上がりはないか。
ただまあ、フラットバーでもスピードを求める方向ならフジのMADCAPがまず頭に浮かぶ。
グラベル寄りならトレックのFX Sport(カーボンフレーム)とか、コーダーブルームのKESIKIとかも面白い。
フラットバーといえど全くキャラクターが違うので、まずはどんな乗り方するのかから考えて選びましょう。






スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…