PVアクセスランキング にほんブログ村

自転車による妨害運転で逮捕!3年間に12件!まさかの禁止行為違反?

先日もちょっと書きましたが、

まあ、凄いニュースだな。 島根県安来市の国道で、自転車を運転する男が後続車の前に立ち塞がったり、あおり運転をして進路の妨害をしたとして、2...

報道内容からすると、道路交通法26条の2第2項(進路変更禁止)による妨害運転罪だと思われます。
ただし続報が出てます。

3年間に12件のトラブル

車道で自転車を止めて後続車の運転を妨げたなどとして、島根県警交通指導課と安来署は25日、鳥取県米子市の団体職員の男(65)を道路交通法違反(禁止行為、妨害運転)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

(中略)

県警は2019年以降、男がかかわった同様のトラブルを県内で12件確認しており、うち数件は事故になっているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/57fceeccc190d6f18895e674dd8198d94fae1843

3年間に12件も同様のトラブルだそうな。
ちょっと気になる点としては、

道路交通法違反(禁止行為、妨害運転)容疑

妨害運転のほか、禁止行為違反も容疑に含まれている。
もしかしてまさかのこれ?

禁止行為
第七十六条
4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
二 道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること

理屈の上では、自転車から降りて車の前に立ち塞がれば成立するのかな?

なぜに

3年間で12回の同様行為というのも凄いけど、何件かは事故になっているわけ。
一体何をしたいのやら。

妨害運転罪ってさほど事例が多いわけではないけど、「妨害する意思の立証」が必要になるので、このように何度も繰り返すことが一番立証しやすいと思われます。
警察的にも単発行為なら問題視しないでしょうけど、度を越えたら自転車だろうと立件します。
そういう意味では、何度も繰り返した桶川のひょっこりさんも同様。

普段使っている判例検索サイトで自転車の安全運転義務違反について調べていたのですが、よーく見たらこれはあの有名な自転車あおり運転の判決文ですね...

最近は自転車が当たり屋の疑いが強いとしてドライバーに無罪を言い渡した事例や、自転車が故意に事故を起こしたとして支払い済み損害賠償を全額返済する判決すら出てますが、自転車が法的に苦しい点があるとしたら、運転を禁止させることができない点なのかもしれません。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…