PVアクセスランキング にほんブログ村

ロードバイク特有のツキイチは文化。

まあまあどうでもいい話を。

ツキイチはロードバイクの文化

あくまでも非レースの場面の話ね。

公道を走る上で、車やオートバイが同じことをすれば「煽り運転」と言われるし、歩行者の真後ろに見知らぬ歩行者がぴったりマンマークすると「不審者」と言われる。
車やオートバイが同じことをすれば110番の対象にもなるし、歩行者同士が同じことをすればやはり110番の対象になる。

なんでロードバイクだけは問題なしなんだ?笑

背後を取られると

誰だかわからんサイクリストに真後ろを取られると事故る確率が上がるだけなんで、私は先にイッてもらいます。

オッサン同士が至近距離で激しくハアハア言いながら喜びを感じるのだろうか?
すぐ後ろで見知らぬオッサンが息を切らせながら追ってくる場面に、何ら喜びを感じない。

同じ車両でも、車やオートバイ同士がやれば煽り運転と言われトラブルになるし、歩行者同士なら単なる不審者だし。

自転車は特殊な価値観なんだろな。

「後ろに付いてもいいですか?」と聞くのが最低限必須だと思うけど、車同士でいうなら「煽っていいですか?」なんて話は聞かない。
歩行者同士でも聞いたことはない。
ジョギングならまだありうるのか。





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…