PVアクセスランキング にほんブログ村

ブレーキシューをチェックせよ。

メンテナンスの中で忘れがちなポイント、ブレーキシュー。
定期的に確認しないとリムを痛める原因にもなります。

ブレーキシューをチェックすべきタイミング

ブレーキシューをチェックすべきタイミングはこんな感じ。

・雨天走行した後
・ブレーキングするとシューシュー異音が鳴るとき
・その他定期的に

すり減り過ぎてブレーキシューが限界になっているのは、見た目ですぐにわかります。
雨天走行した後は、ブレーキシュー自体の汚れもそうですが異物がくっつきやすい。
アルミリムの場合、リムのアルミ片がブレーキシューに刺さってしまいがちなので、異音が鳴るときはきちんとチェックして場合によってはホジホジして取り出す必要があります。

ちなみに雨天走行してドロドロのときは、ブレーキシューだけ外して水で洗ってしまって問題なし。
異物が刺さりまくりなら、諦めて新品シューのほうがいいです。

シューなんて安いので。

ケチケチしないで新品でスッキリですよね。

ちなみにですが

以前、一件だけ珍しい話を聞いたことがあるのですが、シューが劣化しすぎてボロボロと割れた(?)みたいな話。
真っ二つに割れたのではなく、大きくえぐるように欠けたというほうが正しいのかな。

雨ざらしのクロスバイクとかでもそういう話は聞いたことがないので、どちらかというと何らかの不良品みたいなもんじゃないのかなと思ったりします。

すり減り過ぎについては、ブレーキの遊びが大きくなるのでわかると思います。
限界まで使い倒す派、早めの交換派など様々考え方はあるでしょうけど、問題が起きれば命に関わるパーツですし、早めの交換くらいのほうがいいです。





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…