PVアクセスランキング にほんブログ村

ついに!?特急にサイクルトレイン。なんとサイクリスト専用車両付き。

定期的に運行されている特急にサイクルトレインという、なかなか変わったサービスが始まるらしい。

自転車を分解せず、そのまま座席横まで持ち込めるサービス「サイクルトレイン」。JR西日本和歌山支社は31日、特急「くろしお」に10月から紀勢線・白浜―新宮駅間限定で導入すると発表した。紀勢線では、これまで御坊―新宮駅間の普通列車で実施してきた。和歌山支社は「定期運行する特急で利用できるのは、全国でも珍しい」としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/463cf892df673d228ef1bb8502f8a193bdb3d0c5

へぇ。

特急にサイクルトレイン

昨年から普通列車で実証実験をしていたのがさらに拡大したような形で、特急にも組み込まれた形みたい。
なんでも、6号車(または1号車)はサイクリスト専用車両になるとか。

とはいえ、ロードバイクをそのまま特急に持ち込むにはスペース的に厳しい。
サイクリスト専用車両では自転車を特急の座席に固定するみたいなんだけど、専用カバーと固定バンドが無料貸し出し。
サイクルラックで専用カバーを被せてから特急に持ち込みするみたい。

【<公式>JR西日本】特急「くろしおサイクル」ご利用方法

私も無類の被せモノ好きとして知られていますが、解体せずに被せるだけで完了する手軽さはいいのかもね。
しかも、サイクル専用車両を新しく製造したわけじゃなく、既存の車両をそのまま使うにはナマで持ち込みでは汚れるから被せるということか。

詳しくはこちら。

https://www.jr-odekake.net/railroad/kuroshio/cycletrain/

通常の輪行袋でも問題ないのかについてはよくわかりません。

実証実験の結果

最近この手の話は、まずは実証実験をして需要と問題点をあぶり出してから正式なサービスにしていくことが当たり前になってきました。
いきなり正式なサービスだと、問題点が浮上したときには修正しにくいし。

今回の特急の件については、鉄道会社としては専用車両を新しく製造したわけじゃないのでローコストで実現したと言えますが、自転車をそのまま持ち込めるようにするには車両の設計から見直さないといけない。
さすがにそこまでは…というところなのかもしれないけど、仮にこういうものの需要が高まれば専用車両を新しく設計してナマ持ち込み可能にしていくのかもしれません。

そういう意味では、これも一種の実証実験なのかもね。
電車内に専用ラックがあり固定できたほうがサイクリストとしては便利だろうけど、需要が高まらないとわざわざ作らないし。

電動キックボードも実証実験してますが、まずはやってみるというところに意味があるのかもしれません。
電動キックボードについては、実証実験であることを理解してない人たちが騒いだせいで余計混乱を招いた気もしますが、そういう意味では「分かりやすさ」と「きちんとした広報」は必要。

いまだに電動キックボードは実証実験(小型特殊自動車)と改正道路交通法(特定小型原付)の違いがわからない人が多数いる気がしますが…

ついでなので質問を頂いていた件。

読者様
読者様
特定小型原付の並走を禁止する規定がないように思うのですが、どうなんですかね。
管理人
管理人
確かに、改正道路交通法では19条は改正されておらず、特定小型原付の並走を明確に禁止する規定は見あたらないように思います。
とはいえ、たぶん特定小型原付は27条の追い付かれた車両の義務の対象になると思われるため、現実的には並走すると27条に抵触するから不可能なのでは?
施行令11条の改正次第です。






スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…