PVアクセスランキング にほんブログ村

[2023]GIOS LEGGERO。105Di2完成車が47万。

2023年モデルで注目度が高いのは、やはり105Di2完成車。
既にチラホラと市場に出回ってますが、ほとんどのブランドは105Di2完成車が出回るのはもっと後になるでしょう。

ジオスのLEGGEROについては、一部既に105Di2完成車が市場に出回っています。

2023 ジオス LEGGERO


ジオスのLEGGEROはレーシングバイクで、30Tカーボンのフレーム。
フレーム重量940g、フォーク重量340gなのでディスクブレーキ車としてはミドルグレード相当というところですかね。

いろいろ見る限りでは、既に市場に出回って在庫ありになっています。
このご時世、105Di2完成車でなくても入手困難ですが、105Di2完成車としては最短で入手可能な一つかもしれません。

ちょっと弓なりになったトップチューブのエロさと、ジオスながらもジオスブルー一辺倒ではないカラーリングが特徴。
ジオスって最近は話題にあまり上がらないけど、伝統のジオスブルーが好きな人は多いですしね。
どうも特定の有名人が頭によぎりますが、最近は話に上がることもメッキリなくなった気がする。

105Di2完成車のスペックはこちら。

フレームカーボン
フォークカーボン
STIST-R7170
クランクFC-R7100 50/34T 170mm
FD、RD105
スプロケCS-R7100 11-28T(12s)
ブレーキBR-R7170 油圧ディスク
ホイールSHIMANO WH-RS171
タイヤ700 × 28C
値段(税込)470800円

105Di2完成車って40万くらいからのイメージです。
もちろん、フレームのグレード次第では100万越えの完成車もありますが。

フレームセットもあり


ジオスってフレームセット販売もあり、LEGGEROのフレームセットは税込206800円。
アルテグラDi2完成車もあり、税込561000円。

LEGGEROって車種名自体はかなり昔からあったと思いますが、まあまあお手頃価格で購入できるカーボンフレーム。
ジオスというとジオストリノのクロモリフレームのほうがマニア的には興味をそそられるのかもしれないけど、クロスバイクのミストラルがド定番化したようにまあまあお買い得モデルが多い気がする。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…