PVアクセスランキング にほんブログ村

安物タイヤの比較。

あまり海外の記事の紹介とか好きではないのですが、ちょっと面白いなと思ったので。
安物タイヤ(←失礼)の転がり抵抗を比較しています。

https://www.cyclingweekly.com/group-tests/best-cheap-road-tyres-year-reviewed-and-rated

安物タイヤの比較

数字は上記URLから引用します。

タイヤ重量20kph40kph
GOODYEAR EAGLE SPORT250g(25c)11.55w21.28w
ミシュランDynamic SPORT250g(25c)12.59w22.99w
スペシャライズドROADSPORT370g(26c)15.22w27.64w
シュワルベLUGANO2357g(25c)12.08w22.64w
LIFELINE ESSENTIAL ROAD287g(25c)17.26w30.84w
コンチネンタルULTRA SPORT3275g(25c)10.7w20.5w
ヴィットリアZAFFIRO380g(25c)12.68w23.46w
LIFELINE PRIME RACE256g(25c)17.5w30.85w
LIFELINE PRIME ARMOUR306g(25c)19.68w34.85w

もちろんタイヤの性能なんて重量と転がり抵抗が全てなんてことはないけど、もし数字を見ることなくイメージだけで選ぶとしたらウルトラスポーツ3かな?と思ってました。
意外と転がり抵抗も「この中では」優秀な部類だし、重量的にもいいタイヤと比較したらビミョーとはいえまあまあ許容範囲内。

比較対象が何なのかによって見方は変わるのは当然ですが、最近はタイヤまで高騰してますし、お財布的にきつくなったサイクリストには目安になるかもね。


タイヤはケチらない

安いタイヤは重いしグリップもイマイチなものも多いし、一度いいタイヤを使うとランクを下げたときの落差が納得しがたい人が多いと思う。
上で挙げられているタイヤはどちらかと言えば下のほうのランクですが、ザフィーロとかも「完成車御用達タイヤ」というイメージしかない。

晴れた乾燥路面ならまだしも、ウェットコンディションでは全くオススメしません。
タイヤの性能って安全性にも関わるので。

いいブレーキを投入しても、タイヤがダメダメなら意味ないし。
制動力を生むのは、なんだかんだタイヤですから。

最近だとヴィットリアのコルサとルビノプロの中間に登場した「コルサネクスト」とかも注目されてますが、ルビノプロあたりも評判はいいですよね。
トップモデルのタイヤはお値段的にきついけどまあまあなタイヤというと、ルビノプロあたりなのかもしれません。


ちょっと話は変わりますが、昔に比べてミシュランの注目度が下がっている気がする。
今のロードタイヤって、コンチネンタル一強みたいなイメージが強いのは気のせい?
ヴィットリアも頑張っているけど。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…