PVアクセスランキング にほんブログ村

[2023]GIANT ESCAPE R DROP。ついに10万越えへ。

ジャイアントにはお手頃ドロップハンドル車のエスケープRドロップがあります。
登場した頃は、ドロップクロスという謎ジャンルに賛否両論でしたが、ついに10万越えへ。

2023 GIANT ESCAPE R DROP

https://www.giant.co.jp

ドロップハンドルなのにVブレーキという謎スペックのエスケープRドロップですが、初登場時は税別66000円。

とんでもない情報が出てきました。 クロスバイクの定番というと、ジャイアントのエスケープR3ですが、当然クロスバイクなのでフラッ...

2023年モデルは昨今の値上げブーム(?)の影響もあり、104500円(税込)。

まあ、ちょっと前にも値上げされてましたが。

昨今の状況でどのブランドも値上げに踏み切っているロードバイク業界ですが、ジャイアントも2月1日から値上げだそうです。 10-20%程度値上...

とはいえ、低価格がウリでもあるドロップクロスが10万越えてくると、なかなか厳しい。
ちなみにクロスバイクのエスケープR3は79200円(税込)なんだけどね笑。

5万のクロスバイクがいつの間にか約8万に…

ちなみにドロップクロスさん、スペックは同じ。
アルミフレームにクロモリフォークの頑丈なお子さまです。
コンポはクラリス。

遊ぶなら

クラリスロードのコンテンド2が129800円ですが、エスケープRドロップはロードバイクの代わりとして捉えるのではなく、遊べる自転車としてカスタマイズして行くほうがオススメ。

キャリア搭載してツーリングスペックにするとか、軽いグラベル的な方向にするとか。
クロモリフォークで頑丈な面を活用した方向性かな。
ロードバイクとはジオメトリも含めてやはり違う。

昔だとクロスバイクのエスケープR3をドロップ化して…みたいな話はよく聞いたけど、最近耳にしないのは昔みたいな自転車ブームではないからなんですかねね?





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…