PVアクセスランキング にほんブログ村

カーボンドライジャパン、いつの間にか赤外線診断装置を採用。

カーボンドライジャパンさんというと、カーボンフレームの検査と修理では最大手と言っていいと思いますが、私の記憶では破断検査は超音波を使っていたはず。

いつの間にか赤外線診断装置を採用してました。

カーボンフレームの赤外線診断装置

アクティブ・サーモグラフィ」というものらしく、厚みや素材・組成の違いやが色の変化として可視可されるらしい。

https://tokyo.carbondryjapan.com/2022/07/activethermo/

確かに、一般的に言われる赤外線診断って表面温度を見るだけなので、なんでカーボンフレームのクラックを検知できるのだろうか?と不思議に思いました。
へー、こんな方法があるのか!

超音波検査だとピンポイントになるので、1ヶ所につきいくらという計算になる。
赤外線診断はフレーム全体を検査できる利点があります。

検査の精度や感度はよくわからないので、何を調べたいのか次第になるのかな。
部分的なダメージが疑われるときに全体を検査する必要はないだろうし、全体を検査して欲しいのに超音波検査だとまあまあ費用がかさむし。

詳しくは状況次第だと思うので、聞いたほうがよいかも。

カーボンフレームの修理

カーボンフレームは修理できる場合もあるのですが、カーボンドライジャパンさんで修理した人ってまあまあいます。

先日のカーボンドライジャパンで修理したフレームの話に関して、読者様からメール頂きました。 ※ショップ名は伏せます。...

先日書いた、奇妙なフレーム。 こちらのブログの管理者さんより、メール頂きました。 紹介しても構わない...

何ら設備を持たない人は伝統芸能の「コインチェック」という方法もありますが、あれ、よくわからないです笑。
結局は何ら確信は持てないので、検査してもらうかどうかのスクリーニング的な役割でしかないし。

疑わしいときにはこういう検査もいいかもしれません。





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…