PVアクセスランキング にほんブログ村

TREKのライト、Kindbeamテクノロジーが良さそう。

トレックから対向車にも眩しく思わせないライトが発売らしい。

TK22 Commuter Lights Walkthrough

Kindbeamテクノロジー

Kindbeamテクノロジーというのは、上方向の光を大きくカットして地面や正面を照らすような特殊なレンズ付きのものらしい。
ドイツのStVZO規格が有名ですし、どこのライトメーカーも防眩レンズ採用だったりしますが、

一応防眩レンズ採用のオーライトでも、角度はまあまあ下向きにしないとテロなのよ。
対向車からすると。

トレックはライトにこだわりがあるのか、Kindbeamテクノロジーという上方向の光を大きくカットしたものを発表してきましたよ。
ビームというとツモ切り中ビームくらいしか知らない私でも、新しいビームを求めていました。
それがKindbeam。

映像で見ると結構良さそうに見えるのですが、ぶっちゃけた話、実際に見てみないと何とも言えません。
けど、こうした取り組みと開発をしようとするのは評価してます。

私としては、きちんと国が自転車ライトの基準を定めるべきだと何回も書いている通り。
例えばこんな感じで、壁に当てたときに光の上端が何センチ以下になるようにするなど。

なかなか強気なお値段

ただし、お値段はまあまあ強気なホンキモード。

Trek Commuter Pro RTTrek Commuter Comp R
値段(税込)26900円11900円
重量217g120g
ハイ1000LM(1.5時間)450LM(1.5時間)
ロー500LM(3時間)200LM(6時間)
デイフラッシュ300LM(12時間)300(12時間)

んー、結構強気なお値段。

自転車ライトが眩しくてクラクラするという話はよく聞くので、斜め下向きは基本なんですが。





スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…