PVアクセスランキング にほんブログ村

[2023]ビアンキからE-ARCADEX登場!

ビアンキからグラベルE-ROADのE-ARCADEXが発表されました。

https://www.bianchi.com/bikes/e-bike/e-gravel-e-bike/e-arcadex/

2023 ビアンキ E-ARCADEX

ヨーロッパはE-BIKEがそんなに売れてるのか?と思うほどたくさんの車種がありますが、ビアンキもグラベルE-ROADに参入です。
日本では販売されていませんが、ビアンキのアリアにもE-BIKEがありますし、インプルソオールロードにもあります。

ビアンキはこの一年くらいで、アルミロードを減らしてカーボンを主軸にしている気がします。 ここ数年存在した、NIRONE、IMPULSO、F...

ちょっと前にですが、読者様よりコメントを頂きました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogl...

アルカデックスはカーボンフレームのグラベルバイクなので、E-ARCADEXもカーボンフレーム。
本国サイトでは2つの完成車が用意されてます。

E-ARCADEXE-ARCADEX TOURER
フレームカーボンカーボン
フォークカーボンカーボン
コンポCampagnolo EP EKAR(1×13)Shimano GRX 600(1×11)
タイヤPirelli Cinturato GRAVEL AdventureContinental Terra Trail
その他マッドガード装備
値段6.249 €5.349 €

E-アルカデックスツアラーのほうは、標準でマッドガード装備。

https://www.bianchi.com/store/int_EN/ysb3h-e-arcadextourer-grx6001x11sp-2.html

おそらく普段使いも視野に入れたスペックとして、マッドガード装備なんでしょう。
カンパニョーロEKAR完成車とシマノGRX完成車のみになってますが、どちらもフロントはシングル仕様。

日本では?

日本で販売されるのか?というと、たぶん無いでしょう笑。
日本は規格の問題がありますが、何年か前はビアンキのクロスバイクのほうでE-BIKEがあったように記憶してますが、日本のビアンキはさほどE-BIKEを押したい訳ではなさそうな気がする。

個人的にはE-BIKEの太すぎるダウンチューブの見た目があんまり好きではなくて、もうちょい何とかならないのかなと思ってますが、バッテリーなのでしょうがない。
日本でE-BIKEってそんなに売れているのかよくわかりませんが、E-BIKEの購買層って私がリアルで見ている範囲だとスポーツライクではなくて、デイリーユースのほう。
日常の足として使っている知人が数名。

実際のところ、どうなんだろ。
どちらにせよ、たぶん日本では販売されないと思われます。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…