PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

[2023]BIANCHI OLTRE RC。エアロボリューションの正体は!

2023年モデル

ちょっと前からビアンキが「エアロボリューション」と称して何かを匂わせてましたが、

 

ビアンキがAEROVOLUTION!?10月18日に何かを発表!?OLTRE XR5か?
ビアンキが大変意味深なメッセージを発しています。「AEROVOLUTION」と謳ってますが…ビアンキのAEROVOLUTIONグローバルサイトによると「AEROVOLUTION」としてとしています。こうなると予想されるのは、OLTREXR5...

 

やはり新型OLTREでした。
しかもナンバリングをやめて、「OLTRE RC」に。

2023 BIANCHI OLTRE RC

OLTRE RCの「RC」は、レーシングではなく「レパルトコルサ」です。
レパルトコルサはビアンキのレーシング部門。

 

けど、ナンバリングをやめてきたのはなぜ?

Bianchi | Performance bicycles since 1885
Bianchihasplayedacoreroleincyclingandledthegreatestriderstovictory.Andit'sallgoingonbythenewcutting-edgebikes.

なせかロゴが「レパルトコルサ」になってますが、反対側のロゴはビアンキ。

 

さてエアロボリューションの正体。

Bianchi | Performance bicycles since 1885
Bianchihasplayedacoreroleincyclingandledthegreatestriderstovictory.Andit'sallgoingonbythenewcutting-edgebikes.

ヘッドチューブの左右に空洞があります。
ビアンキはこれにより空力が向上したとしている模様。
このヘッドチューブ側面に空洞を設けたのをビアンキでは「Air Deflector」と呼び、オルトレXR4よりも50キロの速度で17w節約。
250ワット/h の出力で40kmの距離を45秒短縮したとしています。

 

ヘッドチューブ側面の空洞が空気の流れを作り、低圧ゾーンを形成するらしい。
ついでにエアロ形状のハンドルも装備。

 

フレーム重量はサイズ55で915g、フォーク重量が420g。
決して超軽量とまでは言えませんが、軽量性よりもエアロを重視したのでしょうか?
なお、あとから書くセカンドグレードのオルトレプロにはカウンターヴェイルが使われていますが、なぜかフラッグシップモデルのオルトレRCには不採用。
なぜ?

 

オルトレRCの価格とスペックです。

コンポユーロ円換算重量
スラムレッドetap AXS15149ユーロ約222万6.85kg
スーレコEPS14749ユーロ約217万
デュラエースDi213849ユーロ約203万
フレームセット5749ユーロ約84万

完成車のホイールは、Reparto Corse Carbon SPB。
チューブレス対応でフロント50mm、リア65mm、リム内幅21mm。
RC139カーボンサドルがついています。

オルトレPROとオルトレ

フラッグシップがオルトレRCですが、セカンドグレードになるのがオルトレPRO。
フラッグシップモデルのオルトレRCと同じ構造を持ち、ヘッドチューブ側面の「Air Deflector」で空力を向上。
カウンターヴェイルも採用。

コンポユーロ円換算
スラムレッドetap AXS12199ユーロ約179万
デュラエースDi210699ユーロ約157万
スラムフォースetap AXS9099ユーロ約134万
アルテグラDi27999ユーロ約118万
フレームセット4949ユーロ約73万

ホイールは50mmハイトのカーボンホイール。

 

そして最後にオルトレ。
こちらはフラッグシップモデルのようなヘッドチューブ側面の「Air Deflector」はなく、カウンターヴェイルも使われていません。

Bianchi | Performance bicycles since 1885
Bianchihasplayedacoreroleincyclingandledthegreatestriderstovictory.Andit'sallgoingonbythenewcutting-edgebikes.
コンポユーロ円換算
スラムライバルetap AXS6249ユーロ約92万
アルテグラDi25799ユーロ約85万
105 Di25399ユーロ約79万

ホイールはVelomannカーボン。

若干分かりにくい

いきなり3つのオルトレを出してきましたが、旧作までとはフレーム形状も異なりますし、デザイン的にもだいぶイメージが変わりました。
無印オルトレには105Di2完成車もありますが、位置付けとしては旧作のオルトレXR3のようなイメージなんですかね?

 

カウンターヴェイルについても、フラッグシップモデルには採用されていないなどいまいち分かりにくい面があります。

オルトレRCオルトレプロオルトレ
フレーム重量915g965g995g
フォーク重量420g430g390g
Air Deflector
カウンターヴェイル
機械式変速





コメント

タイトルとURLをコピーしました