PVアクセスランキング にほんブログ村

グラベルよりエンデュランスのほうがタイヤクリアランスが広い怪。

2023年モデル

これについてはわからないのです。

読者様
読者様
LOOK765について。
エンデュランスの765オプティマムプラスが最大42mm、グラベルロードの765グラベルが最大40mmのタイヤクリアランスとなっています。
なぜエンデュランスのほうがタイヤクリアランスが広いのでしょう?

なぜ?グラベルよりエンデュランスのほうがタイヤクリアランスが

765オプティマムプラス(エンデュランス)

blank

765グラベルRS

blank

Look Cycle - Automatic pedals and carbon bikes
Look Cycle, carbon bikes manufacturer for road bicycling, track, triathlon, gravel & e-bike. Inventor and leader of the automatic pedal.

まず、フレーム形状は同じ。
というよりもこの2つ、ジオメトリは同一です。

オプティマムプラス グラベルRS
BB BB386 BB386
シートポスト 27.2 ㎜ 27.2 ㎜
ヘッド 上1-1/8 下1-1/2 上1-1/8 下1-1/2
タイヤクリアランス 最大42mm幅のスリックタイヤを装着可能 最大装着可能タイヤ幅40mm(タイヤのブロック高によっては使用できない場合があります)

たぶんなんですが、フレーム自体はカーボンの積層など違いはあるかもしれないけど形状自体は同じ。
タイヤクリアランスの件はスリックタイヤかブロックタイヤかの違いから微妙に差をつけただけなんじゃないかと。

 

というよりも、わかりません笑。

 

けど、ジオメトリが完全一致してますし、フレーム形状も違いは見当たらない。
同じ金型使っているのでは?と思ってますが…

最近のエンデュランスバイクは

ディスクブレーキ化以降、タイヤクリアランスの制限に「ブレーキキャリバーのクリアランス」がなくなったため、エンデュランスバイクのタイヤクリアランスがかなり拡張してます。
オプティマムプラスもエンデュランスバイクとはいえ、42mmをオンロードで使う人がどれだけいるのかはよくわかりません。

 

オプティマムプラス完成車のタイヤもHUTCHINSON FUSION 5 TUBELESS READY 30cですが、メリダのスクルトゥーラエンデュランスなんかも32cですし、今のエンデュランスバイクは快適性にかなり振った作りです。
グラベルロードとの差が分かりにくいモデルもありますが、見たところオプティマムプラスとグラベルRSについてはジオメトリが同じですし、使うタイヤ次第でグラベル遊びまで対応すると考えてもいいのかも。

 

LOOK本国のページをみると、エンデュランスバイクの中には「オプティマムプラス」のほかに「オプティマム」もありまして、どちらもディスクブレーキ車。
けど「オプティマムプラス」と「オプティマム」はジオメトリが微妙に違いまして、オプティマムプラスはリアセンター420mm、オプティマムはリアセンター415mm。
オプティマムプラスはBB386ですが、オプティマムはPF30。
日本ではオプティマムプラスしか販売されていませんが、このあたりも含めよくわからないのです。
たぶん、本国ページにある「オプティマム」は旧モデルの765ディスクから来ているのではないかと思いますが。

blank

ちなみに私の765(リム)って何ミリまで行けるのか全く知りません笑。


コメント