PVアクセスランキング にほんブログ村

TOMMASINIのステンレスフレーム、X-Fire。

blog

カーボン不足でフレームが入手できない!なんて話も聞きますが、

管理人
管理人
時代は金属っすよ!
メタルなフレームに乗ればいいジャマイカ!

ということでステンレスフレームの話。

ステンレスフレームのTOMMASINI X-Fire

blank

blank
Produzione biciclette italiane da corsa - Tommasini Biciclette
L'azienda produce tra i 2000 ed i 2500 telai all\'anno che vengono esportati in tutto il mondo. Dal 1957, biciclette italiane! Tommasini è a Grosseto.

この角度で撮影…エロい。

 

TOMMASINI X-Fireはステンレスフレーム。
ステンレスなので鉄の一種になりますが、錆びにくいのが特徴ですね。

 

COLUMBUS XCrのチューブを使用したステンレスフレームですが、おいくら万円だと思います?
答えは税別73.5万!
ディスクブレーキ仕様は税別78.8万。

 

ビックリしちゃいますよね。
脱炭素の時代に、何をカーボンなんだと。
炭素をヌけ!と言われる時代ですから、やはり鉄しかないでしょうよと。

 

まあ、フォークはカーボンなんですけどね。

 

金属フレームというと重量面が気になりますが、フレーム重量1400g、フォーク重量350g。
カーボンバイク並みの軽量性はないにしろ、金属フレームとしては軽い部類です。

 

ぶっちゃけた話、時代はエアロ、エアロと言いますが、ホリゾンタルの伝統的な形状は飽きがこない美しさ。
もうさ、みんなシートステイ下げすぎなんすよ。

 

blank

伝統的なシルエットはこっち。

blank

そりゃさ、リア三角をコンパクトにして駆動剛性を高めて、シートチューブをしなりやすくして快適性もプラスした「オフセットシートステイ」は理屈としては正しい。
芸術は理屈じゃないのですよ!
見た目が美しいことがまず第一!
この伝統主義者が!と言われてもかまわないのですよ!

 

少々取り乱しました。

 

まあ、お値段的には全く手が届きませんが、トマジーニはカッコいい。
間違いない。

ところで

よくも悪くもこのあたりのフレームは話題にはあまりならなくて、やはりロードバイク界の話題というと最新型のカーボンバイクです。
金属フレームで注目というと、強いていうなら昨年登場したスペシャライズドの新型アレースプリントくらいでしょうか。

 

[2022]スペシャライズド アレースプリントがモデルチェンジ。
スペシャライズドのアルミロード、アレースプリントがモデルチェンジしたそうな。 ちょっと興味深い点がありまして。 2022 スペシャライズド アレースプリント アルミフレームというと、ヘッドチューブ、ダウンチューブ、トップチューブはそれ...

 

すみません、昨年ではなく今年でしたね。
最近時系列の感覚が乏しくて。

 

金属フレームはある程度やり尽くして、新しい技術がどうのこうのという話すら出てきませんが、最新型を追い続けるのもいいし、金属フレームに回帰するでもいいし。
話題にはあまりならないとは言え、気持ち的にはいつかはこっちの方向なのかなと最近思っています。

 


コメント