PVアクセスランキング にほんブログ村

シマノ値上げから思う、相場感。

blog

シマノが2023年1月から、得意の値上げになることは様々な方面から情報が飛び交っていますが、海外製造品が爆上げされます。

 

一例

WH-R9270(デュラエース)
233530円 → 291940円(ともに税込)

ホイールは25~30%アップ!
パーツ関係では、エントリーグレードのコンポが爆上げされます。

シマノホイールと相場感

先ほどの爆上げの一例。

WH-R9270(デュラエース)
233530円 → 291940円(ともに税込)

これを見て

管理人
管理人
値上げ幅がハンパねーな!

と思うのですが、それ以前にもう1つ思うこと。

管理人
管理人
そもそも「デュラエース」のホイールって安過ぎだったのでは?

 

シマノの最高峰と言えばデュラエース。
WH-R9270-C50-TLは684g+787g=1461gですが、そもそもコイツが23万だったことのほうが異常でもあったような気がする。

 

カンパニョーロのBORA WTO 45 DBさんは、1520gで388300円。
ROVAL RAPIDE CLX IIさんは、50mmハイト、1520gで352000円。

 

参考までに、既に滅亡したブランドのKYLE5 IGNITEは2019年時点で26万(税別)。
消費税を入れれば286000円となる。
ただし、このモデルはカーボンスポーク。

 

シマノデュラエースについては

元が安すぎた。本来の相場に近づきつつある。

安いから人気が出る面は大きいし、値上げされてもまだボーラWTOとの価格差はそれなりにあります。
元が安すぎた、という面が大きいような気がする。

トラブルに注意

シマノの値上げは2023年1月以降に「出荷される」モノに適用。
問題なのは、既に注文していてまだ納品されてない人たちにも「値上げ後価格」が適用されてしまうわけなので、注文したショップと話し合うしかないですね。

 

コロナ以降、この手の虎舞竜トラブルは何度も聞きました。

 

「なんでもないようなことが幸せだったと思う」

 

値上げ分はショップが泣いたなんて話すら聞きましたが…

 

ちなみにエントリーグレードのコンポが値上げですが、トレックの値上げ幅を見ると何となく見えてきます。

 

[2023]トレックが値上げ!まあ、しゃーないよな。
昨今、各社ともに値上げラッシュが続く自転車業界ですが、トレックが11月14日から値上げだそうな。 しゃーないよな。 トレックが値上げ(2023モデル) とりあえずクロスとロードのみピックアップします(マウンテンバイ...

 

完成車の場合、値上げ幅は数%程度でとどまるかもしれないし、なんとも言い難い。
シマノのエントリーグレードのコンポも同様に「安すぎた」とも言えますが、そろそろマイクロシフトやSENSAHあたりがウォーミングアップ開始して完成車に組み込まれる時代が来るのかもよ笑。






コメント