PVアクセスランキング にほんブログ村

[2023]BMC Teammachine ALR。

2023年モデル

BMCというとカーボンフレームというイメージがありますが、ホンキ度高めのアルミフレーム、Teammachine ALRを忘れてはいけません。
忘れてた?
イケない子ですよ。

2023 BMC Teammachine ALR

Teammachine ALR TWO 2023|BMC Switzerland 日本公式Webサイト
仲間同士のスプリントから週末のクリテリウムレース、そして山岳コースでのロングライド、ALRはどんな挑戦でも応えてくれます。 最高のチームメイトのように、骨が折れるようなハードライドでも成功へと導きます。

Teammachine ALRって軽量アルミの一角を担う存在で、ホンキ度高めのレーシングバイクです。
継続モデルなのでフレーム重量などは同じだと思うけど、以前のデータではフレーム重量1250g、フォーク重量405g、カーボンシートポストが195g。

 

ホンキ度高めの根拠というか、完成車の値段付けがアルミフレームとしては高め。

ALR ONE ALR TWO
コンボ SRAM RIVAL AXS 12s 105(11s)
値段(税込) 66万 42.9万
重量 9.16kg

なぜか本国ページに、105完成車だけ重量表記がありました。
スラムRIVAL AXS完成車と105完成車のみ。
なのでどうしてもこういう値段になりますが、数年前ならミドルグレードのカーボンフレーム完成車の値段ですな。

 

フォークは上位モデルのTeammachine SLRと同じ。
シートポストは専用のDシェイプ型カーボンシートポスト。
上質なアルミフレームに上位モデルのカーボンフォークを合わせ、コンボも抜かりなくアッセンブルするとこういう値段になります。

 

注意点としてはシマノ Di2には対応しないと書いてあります。
BMCってまあまあ人気があるわりには、取扱店がやたら少ないイメージ。
なので、乗っている人ってそんなに多くはない気がする。

 

レーシングバイクなので、タイヤクリアランスは28mmまで。

ホンキのフルアルミ

ホンキのフルアルミってだいぶ少なくなった気がしますが、キャノンデールのCAAD13、トレックのエモンダALR、スペシャライズドのアレースプリントあたりがホンキ度高めのフルアルミですかね。
数年前はスカンジウムフレームやら軽量アルミやらそれなりにあった気がしますが、時代とともにだいぶ減った感。

 

BMCもアルミフレームを語る上では外せない存在です。
値段がまあまあするので、初心者さんが1台目として選ぶことは少ないかもしれないけど。
あえてアルミという選択肢もアリ。





コメント