スポンサーリンク

佐渡ロングライドに「エンジョイグルメライド」。

blog

佐渡ロングライドというと210キロのコースがウリですが、「エンジョイグルメライド」が新設されるらしい。

エンジョイグルメライド

大会前日の5月20日(土)に、佐渡ならではの体験とグルメを堪能できる「エンジョイグルメライド」コースを新設しました。 翌日の大会に向けての足慣らしや佐渡での楽しい思い出作りにもなる楽しいライド・イベントです。参加カテゴリーは下の表のように3タイプを設定。いずれも走行距離は30~45kmと短いので、自転車ビギナーやお子様(小学生以上)連れのファミリーでも手軽に楽しめます。E3カテゴリーにはゲストの髙木菜那さんも参加予定です。 皆様のエントリーをお待ちしています!

 

2023佐渡ロングライド210公式サイト
2023佐渡ロングライド210が5月21日(日)に開催、2022年12&#2637...

一般的なロード乗りからすれば物足りない走行距離でしょうし、中級者以上がこれを見て心踊るとは思いませんが、最近の自転車の現状を見る限りはこれくらいの緩い企画でビギナーを取り込んだほうがいいと思う。

 

ロード乗りからみた「100キロ」ってたいした距離じゃないけど、非ロード乗りからみた「100キロ」って異常かつ想像つかないような距離だと思われてるから笑。

 

全く自転車に乗らない人から「1日どれくらい走るの?」と質問されてそのまんま答えると、たいがいトン引きされるのは「サイクリストあるある」だと思うけど、別に変態的距離じゃないんだよね。

魅力的なのか?

ちょっと前に、ふるさと納税でもサイクリング体験プランがあると書きましたが、

 

目先を変える。例えばE-BIKEとか。
先日の記事ですが、 ふるさと納税を見ていると、それなりにサイクリングプランは見つかります。 単なるレンタサイクルや、案内人付きのサイクリングプラン、宿泊付きのサイクリングプランなどあるにはありますが。 魅力...

 

ロードバイクで走りに行く場所の見つけ方。
ロードバイクに飽きたとか、ロードバイクで走りに行くコースがマンネリ化してきたみたいな話を時々伺うのですが、ロードバイクに乗る人といっても目的は様々。 トレーニング要素が強めの人もいれば、ツーリング要素が強めの人もいる。 機材...

 

ぶっちゃけた話、非サイクリストからみて凄く魅力的なのか?については果てしなく疑問でして、実際の利用者数がどんだけなのかちょっと気になります。

 

魅力的なコンテンツというよりは、とりあえず用意しました的な雰囲気しか感じない。
ロード乗りからみた魅力的と、非サイクリストからみた魅力的は違うとは思いますが、こういう分野ってもうちょい力を入れていったほうがいいと思う。
佐渡ロングライドの「エンジョイグルメライド」にしても、その土地じゃないと食べれないものとかなんかな?





コメント

タイトルとURLをコピーしました