スポンサーリンク

ロードバイクの塗装と、問題点。

blog

ちょっと前にこれが話題になっていましたが、

「解決」を迎えたようなので良かったですね。

ロードバイクの塗装

まあ、持たない可能性が高い塗装を商品化してしまう点に問題があるようにも思う。
ロードバイクのフレームってかなりシナるものなので、カーボンフレームにメタリック塗装は向かないのでは。

 

ちなみに最近は「フレーム生涯保証」を謳うメーカーも多いですが、塗装についてはちょっと調べた範囲ではこんな感じ。

メーカー 塗装
トレック 2年保証
ジャイアント 対象外
キャノンデール 1年
LOOK 1年
スペシャライズド 2年

当たり前ですが、落車などで傷をつけてしまったみたいなものは対象外です。

 

ちょっと前に、塗装割れが酷くなったみたいな相談を頂きましたが、

 

ロードバイクの塗装割れ。みんなどうしてる?
正直なところ、塗装については全くわからないのですが。 ロードバイクの塗装割れ どんな状態なのか画像を頂きました。 おぅ… 正直なところ私は詳しくないので、色味が合うタッチペン探して塗る...

 

blank

blank

持ち主からしたら気になるでしょうし、落車などがないのにこうなるのは納得できないでしょう。
メリダの保証がどうなっているのかは詳しくわかりませんが、3年経過しているとなるとやはり難しい。

 

ちなみに最近はわかりませんが、塗装の質に定評があるのはブリヂストンアンカーです。
逆に塗装の質であまり芳しくない話を聞くメーカーは、自主規制!

塗装の進歩?

何ら根拠がない話をしますと、一昔前のように塗装の黄ばみが目立つメーカーは聞かなくなったような気がします。
何ら根拠はありません。

 

紫外線浴びて走るロードバイクなのである程度塗装が劣化していくのはしょうがない。
ちなみに昔乗っていたビアンキさんは、

blank

購入したときから比べると色褪せた感がありますが、それなりに乗ったのだからしょうがない。
昔は、特にホワイトのフレームなんて黄ばみみたいになっているのがあったような気がします。
最近はあまりそういう話を聞かないけど、ガラスコーティングとかする人が増えたとかも関係するのですかね?
ちなみにガラスコーティング自体は紫外線のカットをしませんが、ケミカルなどは弾くので結果的に塗装が長持ちするのだと思う。

 

既に黄ばんだフレームの塗装。
ずいぶん前に書いた記事に関係してなんですが、 基本、無理です。 再塗装しか 黄ばみについては、再塗装するしかないと思います。 コンパウンドで削ったから変わるのかというと、無理でしょう。 ...

 

ちなみに黄ばみにムヒを使うとキレイになるみたいな都市伝説がありますが、単に塗装を溶かしているだけなので全くオススメしません。

 

洗車にムヒを使ってはいけない話。
すごくどうでもいいのですし、信じて試そうと思う人も恐らくいないだろうと思うのですが。 なんかネット上で、 ということで、ムヒをフレームに塗ってキレイにする技を紹介している方がいまして。 塗装を溶...

 

冒頭の件に戻りますが、買ってすぐに塗装割れするのは根本的に製品としては成り立っていない話。
なので本来、売りに出すようなクオリティになかったものを製品化したところに問題があるように感じます。

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました