スポンサーリンク

「ダブル左折レーン」に「常時左折可」を組み合わせるとこうなるわな。

blog

ひどいな…

-এর টুইট / Twitter

ダブル左折レーン+常時左折可

これは完全に道路構造がおかしくて、自転車が交差点を直進することは事実上不可能と言ってもおかしくはない。
まあ、自転車の方は道路構造の被害者なわけで、非難すべき対象を見誤っているとしか言いようがない。

 

要は最初から自転車の通行は全く考慮してないわけだ。

 

こういう構造について思うのですが、ダブル左折レーン+常時左折可の構造を維持するなら自転車を誘導して安全に横断可能な仕組みを作るしかないし、もしくはダブル左折レーンをやめるかしかない。

 

どちらがいいのか?みたいな二者択一は「その交差点の状況に合わせて考える」しかないわけですが。

 

まあ、歩道橋があるっぽいし、行政的には「歩道橋使え」程度で終わらせる案件なんだろうけど。

 

何の誘導や案内もないままここに自転車が突入したら、こうなるだけの話でしかない。

Twitterらしい

まあ、こういう自転車を揶揄するあたりがTwitterらしいと言えばその通り。
常時左折可なダブル左折レーンなんて、左折車二車線分が途切れない限りは永久に直進出来ないのは見りゃわかる。

 

ただまあ、自転車乗りの道路交通法の知識もいかがなものかと思うのですが、

 

この自転車に対し、左折車は「追い越し」だと…
いったいこのレベルはなんだろうw

ダブル左折レーンって、道路交通法上は直進優先だと言い切れる明文規定もないので、そもそも間違っているとしか思えない。
で、結局のところ、ダブルを維持したいなら「自転車に対する誘導、案内、横断設備」を作るしかないし、ダブル左折レーン自体をやめるという選択肢もある。

 

自転車に乗るとは思えない警察庁の方々や、自転車に乗るとは思えない道路管理者が自転車について「歩道でも走ってろ」的な発想から作った構造でしかないわけで、警察庁も行政も、そもそもこういう構造に問題意識を持っていないのでは?と思う。

 

一部のダブル左折レーンについては路面表示により車に対する注意喚起をしているわけで、問題意識を持っている道路管理者もいるわけなんだけど、

 

ダブル左折レーンの第二通行帯に書いてある「直進自転車に注意」。
先日の記事についてご意見を戴きました。 左折レーンに関しては私も非常に苦慮している今日この頃です。 いつからかは分かりませんが、立川市に左折レーンに関して新しい試みがされているのでご紹介します。 ...

 

自転車にとって「無理な構造」なのは誰の目にも明らか。
結局、直接問題提起しない限りは変わらない。

 

あっ、問題提起と言っても「ダブル左折レーンをぶっ壊す」みたいな謎の政党は作らなくて結構です笑。
違反ではなく邪魔か…






コメント

タイトルとURLをコピーしました