PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

アルミリムにカーボンフードのFLO Aluminum + Carbon Clincher。

blog

ちょっと前にたまたま信号待ちでカンパニョーロのバレットを見掛けたのですが、

 

消えた存在、アルミカーボンハイブリッドリム。
昔は、カンパニョーロのバレットやらアルミリムにカーボンフードを接着したリムがありましたよね。 既に滅亡して久しいですが。 アルミリムにカーボンフード構造 そもそも、アルミリムにカーボンフードを張り付ける構造は、何をしたかったの...

 

私、不勉強で知らなかったのですが、FLOにもアルミリム+カーボンフードのホイールがあったんですね。
情報提供ありがとうございます。
まあ、既に滅亡していますが。

FLO Aluminum + Carbon Clincher

まあ、滅亡しているホイールの解説をしてどうするんだ?という疑問がありますが、確かにブレーキゾーンはアルミ。
リムハイトは90mmだそうな。

 

ロードバイクで90mmを使う人なんていないので、トライアスロン用とかなんですかね。

 

調べた範囲ではこんな感じ。

リムハイト94.8mm
重量2440g
リム内幅19.4mm
リム外幅26mm
スポーク数20/28

一度スピードに乗れば速そうなスペックだけど、スピードに乗せるまではなかなかなイメージか?

 

リム幅を見る限り、比較的最近?のホイールなのかよくわからないけど、確かにアルミリム+カーボンフード構造。
今も大事に使っている方はいるのでしょうか。

アルミ+カーボン、エグザリット

アルミ+カーボンフードのホイールは時代とともに滅亡していきましたが、マヴィックのエグザリットやカンパニョーロ・フルクラムのプラズマ電酸化処理されたリム(シャマルミレ、レーゼロナイト)なども既に滅亡しています。
ディスクブレーキなのにエグザリット加工しても無意味ですしね。

 

FLOって何年か前に何かで話題になった記憶があるのですが、それがなんなのか思い出せない笑。
新興系カーボンホイールブランドって継続的に話題になる感じではないので、それこそオランダのSCOPEとかも一時期話題になったけど最近はどうなんだろ。

 

オランダの新星SCOPE CYCLINGから、コストダウンしたSPORTホイールが登場。
オランダの新星、SCOPE CYCLINGから、新しいホイールが登場しています。 SCOPE CYCLINGというと、オランダの名門大学と共同開発した空力に優れるリムだったり、世界最大規模の機械メーカーSKFと共同開発したハブだったり、注...

 

オランダの新星SCOPE、2022年モデルのホイールを発表。
近年大注目のカーボンホイールというと、オランダのSCOPE。 近隣のアイントホーフェン工科大学やデルフト工科大学航空工学部と協力関係を築き、空力やカーボン技術を開発しているブランドです。 そのSCOPEですが...

 

とりあえず冒頭のホイールは既に終了しているので、今さら入手することは無理。
カンパニョーロのバレットも、さすがにいまだに在庫を抱えるショップもないでしょう。

 

まあうちの近所にあるやる気のない自転車屋に、ちょっと前まで2013年モデルだかのエスケープR3が飾ってあったので、探せばどこかで発掘される…ことはムリでしょう笑。

 

自転車の世界って、インフルエンサーに配って…という手法が一番手っ取り早い方法なのかな?
良くも悪くも。


コメント

タイトルとURLをコピーしました