スポンサーリンク

スプレー式タイヤチェーン…自転車にはムリなのでは?

blog

自転車用スパイクタイヤの続きです。

 

自転車タイヤ用のスノーチェーンなどあるわけない。
先日の自転車用スパイクタイヤですが、 そういや、自転車用のスノーチェーンって聞いたことないよな…と閃いた私は本当にアホです。 自転車用スノーチェーン いやさ、タイラップでも巻き付ければスノーチェーン...

 

世の中には、「スプレー式タイヤチェーン」というものもあります。

スポンサーリンク

スプレー式タイヤチェーン

これなんて、自転車でも使えることになってますね。


スプレー式タイヤチェーンってそもそもどういう仕組みなのか?
こちらの製品をみると、原材料は「ノルウェー産木材樹脂使用」と書いてあります。


なぜスプレーするだけでグリップ力が高まるのかというと、細かい樹脂をスプレーすることでタイヤ表面に細かな凹凸を作り、ざらつかせるようなイメージになるみたい。
まあ、無いよりはマシなのかもしれませんが、ロードバイクのような細いタイヤではそもそも無理があると思う。

 

もし25cくらいでスパイクタイヤがあったとしても、接地面積の小ささはやっぱ無理筋。
グラベルロードやマウンテンバイクならともかく。

 

あと、この手のスプレーは粘着性がかなり高い成分を使っているため、フレームなどに飛び散ると落ちなくなる可能性もありますし。

用途に合わせた自転車を

blank

雪道やアイスバーンでロードバイクに乗りたいか?と聞かれたら、基本「止めとけ」と言います。
乗りたい人がいるのかすら怪しいけど。

 

以前何かの雑誌の特集で、雪道でのファットバイク遊びが取り上げられてましたが、ファットバイク、マウンテンバイクで何とかなるかどうかの話。

 

まあいろいろ書いていて思い出したのですが、昨冬に雪が降った翌々日。
ママチャリで歩道を通行していた人が、アイスバーンで盛大に転倒w

 

段差の都合上、やや斜めになっている場所でしたが、華麗に、きれいに、これ以上ない芸術的な転倒で周りがびっくりするレベル。
あれが仮にスパイクタイヤだったら滑らないのか?スプレー式タイヤチェーンを使えば滑らないのか?については「無いよりはマシ」程度でしかないと思う。

 

タイヤが太い自転車で雪道遊びするのはあるといえばありますが、そこそこの太さがないと厳しいので、ロードバイクで雪道遊びはやめたほうがいいでしょう笑。

 

もちろんアレです。
「雪道遊びして転倒してフレームが割れても、生涯保証だから安心♪」なんてバカな話もありませんし。
余裕で保証の対象外。

 

だからフレームの生涯保証なんて、ほぼ意味はない。
これは以前にも書いていることですが、 いまだにフレームの生涯保証って、勘違いが多い気がします。 フレームの生涯保証 今やフレームの生涯保証を謳っているブランドは多いで...

 

ついでに思い出した。
以前住んでいたところの隣人なんですが、雪が降ると雪かきが面倒なのか、ホースで水を撒き散らすアホがいまして。
それをしたら凍結することすら理解できない…
一応アレ、道路交通法違反なんだよね。

東京都公安委員会規則

(道路における禁止行為)
第17条 法第76条第4項第7号の規定による道路における禁止行為は、次に掲げるとおりとする。
(1) 氷結するおそれのあるとき、道路に水をまくこと。


コメント

タイトルとURLをコピーしました