【2018年モデル】フラットバーロード特集!フラットバーでもスピードにこだわりたい人向けの一台を。

2018年モデルのフラットバーロードの特集をしてほしいという声がありましたので、簡単にですがまとめてみました。
フラットバーロードと似たような存在でクロスバイクがありますが、フラットバーロードもクロスバイクも、明確な定義はありません。
なのでクロスバイクにロードコンポを載せただけのものでも、メーカーがフラットバーロードと呼んでいる場合もあります。

なので、まずは当サイトにおけるフラットバーロードの定義を決めたいと思います。



※完全俺基準です。

フラットバーロードの定義

ロードバイクとクロスバイクの違いから説明したほうがわかりやすいと思いますが、両者の違いはハンドル形状(ドロップハンドル、フラットバー)の違いではありません。
明確にフレームのジオメトリが違います。

このような寸法図をジオメトリと呼びますが、この図の【C】にあたる部分をチェーンステイ長(リアセンター)と呼びます。
クロスバイクはどうしてもチェーンステイ長が長くなる傾向にあり、短めの車種でも425mmはあります。
ロードバイクの場合、ほとんどは410mm以下になります。

チェーンステイ長が短くなると加速性が増し、逆に長くなると安定性が増すのですが、クロスバイクの場合は低速安定性を重視した設計なのでどうしてもチェーンステイ長が長くなります。

私が考えるフラットバーロードとクロスバイクの違いですが、コンポがロード系かMTB系かは全く関係ありません。
フレームがロードバイクに近いジオメトリなものをフラットバーロードと呼びます。

なのでチェーンステイ長が415mm以下が目安と考えています。

ジャイアントのクロスバイクにエスケープRXシリーズがありますが、RX1はロードコンポ、RX2以下はMTBコンポです。
フレーム自体は全く同じなので、RX1はロードコンポを付けているからフラットバーロード・・・と考えるのはおかしいと思ってます。
RXシリーズは全てクロスバイクと考えるべきです。

2018年モデルのフラットバーロード

FUJI ROUBAIX AURA(ルーベオーラ)


FUJI(フジ) 2018年モデル ROUBAIX AURA (ルーベーオーラ)[フラットバーロード][ロードバイク・ロードレーサー]

FUJIが得意とする軽量なアルミフレームを使い、カーボンフォークをアッセンブルした一台です。
このバイク、なかなかこだわったフレーム設計で、例えばチェーンステイがアシンメトリック(左右非対称)になっています。

なぜこんな作りにしているかというと、自転車の駆動系はバイクの右側にしかありません。
右側にチェーンがありますよね。

なのでフレームの左右にかかる力が違うので、左右で設計を変えて最適化しているんですね。

ルーベオーラですが、コンポはクラリスのみです。

フレーム軽量アルミ
フォークカーボン

(アルミコラム)

クランクスギノ 50-34
フロント

ディレーラー

クラリス
リア

ディレーラー

クラリス
スプロケクラリス 11-28
ブレーキFUJIオリジナル
ホイールFUJIオリジナル

F20、R24

(スポーク数)

タイヤVera Helios 700×25C
重量9.2キロ
定価92,000(税別)

コルナゴ VORREI(ヴォレイ)


【楽天ポイントアッププログラム開催中】【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI SORA(ヴォレイソラ)スピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

コルナゴのヴォレイは2018年モデルが初登場のバイクです。
個人的には2018年モデルのフラットバーロードの中では一番欲しい車種なのがヴォレイ。

一般的なアルミ素材の6061ではなく、良質な6066アルミを使っているのも特徴。
ヴォレイはクラリスモデルとソラモデルがあります。


【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI CLARIS(ヴォレイクラリス)カラー:ホワイトフラットバーロード・スピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

フレームアルミ6066
フォークカーボン
シフターST-RS200(クラリス)
FDクラリス
RDクラリス
クランククラリス 50×34
スプロケクラリス 11-28 8s
ブレーキクラリス(キャリパー)
ホイールコルナゴオリジナル
タイヤコンチネンタル ウルトラスポーツ2

25C

重量9.5キロ
定価99,000(税抜)
カラーガンメタリック

ホワイト


【楽天ポイントアッププログラム開催中】【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI SORA(ヴォレイソラ)スピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

フレームアルミ6066
フォークカーボン
シフターSL-R3000(ソラ)
FDソラ
RDソラ
クランクソラ 50×34
スプロケソラ 11-28 9s
ブレーキソラ(キャリパー)
ホイールコルナゴオリジナル
タイヤコンチネンタル ウルトラスポーツ2

25C

重量8.9キロ
定価12万(税抜)
カラーマットブラック

ジオス CANTARE CLARIS(カンターレ クラリス)


GIOS(ジオス) 2018年モデル CANTARE CLARIS (カンターレクラリス)[フラットバーロード][ロードバイク・ロードレーサー]

こちらは上の二つと比べるとややスペックが落ちますが、アルミフレームにアルミフォークを付けることで7万円台を達成しているお買い得モデルです。

コンポはクラリスモデルのみ。

フレームアルミ
フォークアルミ
シフターSHIMANO SL-R2000
クランクFC-RS200 50/34T
BBBB-RS500
FDクラリス
RDクラリス
スプロケシマノ 11-30T
ブレーキテクトロ R340
ホイールシマノ WH-R501
タイヤヴィットリア ザフィーロ 25c
重量9.7キロ
定価72,000円(税別)

7万円台でスピード自慢のフラットバーなら、これくらいしか選択肢がないのも事実です。

ジオス GIOS CANTARE SORA(カンターレ ソラ)


GIOS ジオス 2018 CANTARE SORA カンターレ ソラ ジオスブルー

上で紹介したカンターレクラリスとコンポの違いだけじゃね??と思いそうですが、実はフォークが違います。
クラリスモデルではアルミフォークなのに対し、ソラモデルではカーボンフォークになります。
なのであえて分けて掲載しました。

こちらはコンポがフルソラとなり、重量も9.5キロと軽量に収まっています。

タイヤが細めだとアルミフォークの振動だとなかなかきつかったりするので、カンターレを買うならソラモデルがオススメになってきます。
とはいえ、7万円台で買えてしまうクラリスモデルもお買い得なんですが。

GIOS LUNA(ルナ)


GIOS(ジオス) 2018年モデル LUNA / ルナ【クロスバイク】

こちらのルナは2018年モデルとして初登場したバイクですが、アルミフレームにカーボンフォーク、コンポはティアグラになっているところがポイントです。

フレームアルミ
フォークカーボン
シフターSL-4700(ティアグラ)
フロントディレーラーティアグラ
リアディレーラーティアグラ
クランクティアグラ 50/34
スプロケティアグラ 12-28
ブレーキテクトロ R-340

(キャリパー)

ホイールシマノ WH-R501
タイヤヴィットリア ザフィーロ

25c

重量9.8キロ
定価11万(税抜)

あえてジオスブルーではなくマットブラックなのもポイントですね。

ビアンキ VIA BRERA(ヴィアブレア)


ビアンキ 2018年モデル VIA BRERA 8(ヴィアブレラ8)【フラットバーロード】【クロスバイク】【Bianchi】

こちらはクラシカルな佇まいのスチールフレームになります。
最近のゴツゴツしたアルミフレームよりも、細いパイプのフレームが欲しい人はこちら。

ヴィアブレアの特徴ですが、フロントシングルでリアが8速となっています。
またスチールフレームに似合うシルバーパーツを採用するため、あえてシマノではないパーツがついているのも特徴ですね。

フレームハイテン
フォークハイテン
シフターサンレースSL-M96-R8
フロントディレーラーなし
リアディレーラーサンレース
クランクLasco 42T
スプロケサンレース 8s
ブレーキプロマックス

ホイールビアンキ手組
タイヤKENDA K-193

25c

重量不明
定価7万(税抜)

ジオス AMPIO(アンピーオ)


GIOS(ジオス) 2018年モデル AMPIO(アンピーオ)(アンピオ) 700×25C

ジオスが得意とするクロモリフレームのフラットバーロードです。
アンピーオは二種類あり、アンピーオとアンピーオ ティアグラがあります。

まずはクラリスモデルのアンピーオ。

フレームクロモリ
フォーククロモリ
シフターシマノSL-R2000

(クラリス)

フロントディレーラークラリス
リアディレーラークラリス
クランクスギノ 48-34
スプロケシマノ 11-32
ブレーキテクトロ R-340
ホイールジオス手組
タイヤヴィットリア ザフィーロ

25c

重量9.7キロ
定価79,800(税抜)

ジオス AMPIOティアグラ

続いてはティアグラモデル。

GIOS(ジオス) 2018年モデル AMPIO TIAGRA(アンピーオ ティアグラ)(アンピオ ティアグラ)

あえてアンピーオとアンピーオティアグラを分けましたが、コンポの違いだけでなくフォークも違います。
アンピーオはクロモリフォーク、アンピーオティアグラはカーボンフォークとなっています。

フレームクロモリ
フォークカーボン
シフターシマノSL-4700

(ティアグラ)

フロントディレーラーティアグラ
リアディレーラーティアグラ
クランクティアグラ 50-34
スプロケ12-28
ブレーキティアグラ
ホイールシマノ R501
タイヤヴィットリア ザフィーロ

25c

重量9.6キロ
定価110,000(税抜)

ティアグラでまとめたクロモリ系フラットバーロードです。
アンピーオはもはやお馴染みになってきた感がありますね。

ルイガノ LGS-R9.1


17日10時からエントリーでポイント最大19倍[お店で受取り専用][ルイガノ]LGS-R9.1 -J クロスバイク

2018年モデルでモデルチェンジしたルイガノのフラットバーロードです。
R9.1はアルミフレーム&カーボンフォークで、コンポはティアグラという豪華ぶり。

フレームアルミ
フォークカーボン
シフターシマノSL-4700

(ティアグラ)

フロントディレーラーティアグラ
リアディレーラーティアグラ
クランクティアグラ 50-34
スプロケ12-28
ブレーキティアグラ
ホイールシマノ R501A
タイヤKENDA K1092

25c

重量9.1キロ
定価105,000(税抜)

何気にこのルイガノのフラットバーロードが良さそうでして、チェーンステイ長も410mmとレーシーな走りを演出してくれるジオメトリです。
コンポもティアグラ装備で重量も9.1キロなので軽量ですよね。
ひそかにかなり良さそうな一台です。

ルイガノ LGS-R9.0


17日10時からエントリーでポイント最大19倍[お店で受取り専用][ルイガノ]LGS-R9.0 -J クロスバイク

こちらはアルミフレーム&カーボンフォークで、なおかつコンポは105にしたモデルです。
ちょっと贅沢なフラットバーロードという感じがします。

フレームアルミ
フォークカーボン
シフターシマノSL-RS700

(105)

フロントディレーラー105
リアディレーラー105
クランク105 50-34
スプロケ11-28
ブレーキ105
ホイールシマノ RS010
タイヤKENDA K1092

25c

重量8.6キロ
定価145,000(税抜)

ブレーキまで真面目に105を採用。
重量もかなり軽量に収まっており、8.6キロですのでとにかくスペックを重視したい人にはたまらない一台かと。

ルイガノ LGS-R9.2


【店頭受取限定】ルイガノ LGS-R9.2 2018年【数量限定ボトルケージプレゼント】

これも同じくアルミフレーム&カーボンフォークで、コンポをソラにしてコストダウンさせたモデルです。
見たところ、ルイガノのこのシリーズはリアセンター410mmとなっているので、ロードに近い走りができそうなモデルです。

フレームアルミ
フォークカーボン
シフターソラ
フロントディレーラーソラ
リアディレーラーソラ
クランクソラ 50-34
スプロケ11-30
ブレーキソラ
ホイール手組
タイヤKENDA K1092

25c

重量9.6キロ
定価85,000(税抜)

アンカー RL3 EX


【P最大14倍(4/10 0時まで・エントリ含む)】2018モデルRL3 FLAT EXANCHOR(アンカー)ブリヂストンアンカーフラットバーロードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

久々にアンカーが出してきたフラットバーの自転車です。
昔はクロスバイクも出していたはずですが、近年はラインアップから無くなっていたんですよね。

上位ロードバイクのRL6と同じコンセプトながらも素材を見直してコストダウンしたフレームです。
エントリーグレードながらもアンカーらしいしっかりとした作りなのが特徴。

フレームアルミ
フォークカーボン
シフターソラ
フロントディレーラーソラ
リアディレーラーソラ
クランクSUGINO XC2D 50-34T
スプロケ13-25T 9S
ブレーキソラ
ホイール手組
タイヤBRIDGESTONE DISTANZA 700×25C
重量9.7キロ
定価93000(税抜)

ちなみに同じフレームでドロップ車もあります。


【携帯工具プレゼント】ANCHOR(アンカー) 2018年モデル RL3 DROP EX (RL3ドロップEX)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

コーダブルーム FARNA700F


KhodaaBloom(コーダーブルーム) 2018年モデル FARNA 700F(ファーナ 700F)【クロスバイク】

このFARNA700Fですが、コーダブルームのエントリーロードバイクのFARNA700とフレームが共通です。
コーダブルームの場合、エントリーグレードのアルミフレームでも他社より軽いので、スペック的にはなかなかいい一台です。

フレームアルミ
フォークカーボン
シフターティアグラ
フロントディレーラーティアグラ
リアディレーラーティアグラ
クランクティアグラ(4650)

50-34

チェーンCN-6701

(アルテグラ)

スプロケティアグラ 12-28
ブレーキ105
ホイール手組
タイヤMAXXIS 700×25C
重量8.9キロ
定価98000(税抜)

ティアグラベースながらもブレーキを105にしています。
それでこの値段は凄いですね。

ちなみにですが、チェーンがアルテグラ(6701)となっています。
チェーンだけアルテグラでグレードアップしている、と思いがちですが、これはこのチェーンしか対応するものがないから6701にしているだけです。
というのも、このバイクはクランクが旧ティアグラ(4600)です。
4600ティアグラと4700ティアグラでは使うチェーンの種類が違っていて、4700ティアグラではMTBチェーンが指定されています。
このチェーンの指定はクランクの歯と関係しているようです。

クランクを4600系にしたのでチェーンは4600にすべきところなんですが、4600のチェーンは既に廃盤。
旧10速のチェーンでいまだに販売があるのはアルテグラ6701だけなので、仕方なくチェーンだけアルテグラになっているのでしょう。

コスパとしてはかなりいい一台ですね。

2018年モデルはフラットバーロードが少ない

昔はキャノンデールのCAAD8フラットバーとかもありましたし、スコットのスピードスターにもフラットバーがありました。

ビアンキも一時期、アルミロードのヴィアニローネとかインプルソのフラットバーロードがありましたが、これも一年で消えてしまいました。

どうしてもフラットバーロードの価値が分かりづらいというか、クロスバイクとの違いを初心者に理解してもらうのが難しいのではないでしょうか?

とはいえ、コルナゴもニューモデルのフラットバーロードのヴォレイを出してきましたし、ルイガノもフラットバーロードをモデルチェンジしてきた印象です。
フジのルーベオーラはもはや定番フラットバーロードですよね。

コーダブルームのFARNA700Fも、同社のロードバイクとフレームは同じですので、走行性能はかなり高そうです。

クロスバイクでスピードにこだわりたいという人は、フラットバーロードを選んだほうがいいです。
これにはもう一つ理由があり、フラットバーロードは後々ドロップハンドル化すればロードバイクそのものになります。

クロスバイクをドロップ化することも出来なくはないのですが、フレームの違いからロードバイクのような走りにはなりませんし、ブレーキ規格が違うのでちょっとややこしいことも出てきます。

2018年モデルではフラットバーロードを出しているメーカーは少ないですが、なかなか意欲的なバイクが多いのも特徴です。

個人的には、もしこだわりのフラットバーロードが欲しいなら、ロードバイク完成車を買ってフラットバーに組み替えるかもしれません。

先日試乗したトレックのエモンダALRあたりをフラットバー化したら、ものすごく上質&ハイスペックなフラットバーロードになりそうだなぁと思います。

【試乗インプレ】トレックのエモンダALRを試乗しました。軽量アルミフレームの実力はいかに?【2018年モデル】


※最初に書きましたが、クロスバイクとフラットバーロードの違いはコンポではなくてフレームだと思っているので、例えばジャイアントのRX1みたいにクロスバイクのフレームにロードコンポを載せている車種はここでは取り上げません。




コメント

  1. 松井公栄 より:

    フラットバー特集ありがとうございます!
    家族で本格的にサイクリングを始めるに当たり、ドロップハンドルは抵抗があるため、フラットバーロードで探しました。ですが、意外と多くないんですよね…
    選んだのはなぜか世間で評価の高くない、ルイガノの旧RSRシリーズです。
    なぜこれかというと、サイズです。かみさんも子供も身長150なく、選択肢がこれしかない…。
    でもデザインも良く、コメントの通りレーシーなのですが、けっこう振動吸収性も高く、自分はGIANTのPROPELなのでうらやましいと思えるくらいです。
    しかもルイガノは今後あさひしか取り扱えないということで、店舗で叩き売られていたので安く買えました。
    今後のあさひでの取り扱いがイマイチ分かりませんが、それなりに認知されてるブランドなので、広まってほしいですね。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      私はルイガノのフラットバーは結構評価しています。
      デザイン的にもいいですし、他社より劣るとは思っていません。

      ただ、昨年からルイガノの代理店がアキコーポレーションからあさひに変わってしまい、結果的にあさひでしか買えなくなってしまいましたね。
      これはマイナスだと思っています。
      どうしてもあさひでは本格的なスポーツサイクルを買う層は少ないと思うので、せっかくの自転車でも雑に扱う人が増え、その結果評判を落とすのではないかと危惧しています。

  2. とっぴん より:

    私は、KhodaabloomのFarna SLをフラットバー化しようかと考えています。
    腰痛持ちで運動不足の体には、ドロハンは結構キツイなと。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      その選択肢もなかなか良さそうですね。
      SL2のほうでも面白そうな気がします。