【2019年モデル】ビアンキ VIA NIRONE 7 PROがモデルチェンジ!ワイヤーが内臓に!

ビアンキのエントリーグレードのアルミ完成車というと、定番のヴィアニローネがあります。

2019年モデルではなんと!!
ニローネのフレームがモデルチェンジし、ワイヤーがフレームに内蔵に変わったようです。



2019のヴィアニローネは、ワイヤーが内蔵化


Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル VIA NIRONE7 PRO105 (ヴィアニローネ7プロ105)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

これが2019モデルのヴィアニローネです。
この画像は105完成車。

今までのニローネというと、ワイヤーがダウンチューブ下に外出しされていました。

2018 Bianchi ROADBIKE ViaNirone7 PRO CLARIS(ビアンキ ロードバイク ヴィアニローネ7 プロ クラリス)完成車

それが2019モデルでは、ワイヤーが内蔵化というモデルチェンジを遂げました。

スッキリしやがって・・・泣けるぜ・・・

ワイヤー内蔵と外装で何が違うかというと、ぶっちゃけ言うと見た目以外は特にありません。

ワイヤーの内装と外装、どっちがいい?性能は変わる??【質問いただきました】

外装のほうがワイヤー交換しやすいとかメリットがありますが、すっきりした見た目の中出し内蔵のほうがいいという人が多いので、これは朗報なのではないでしょうか?

2019モデルのニローネでは、クラリス、ソラ、105の3モデルになります。
なぜかティアグラがありません。

せっかくなので、2018モデルとの比較も見ていきましょう。

2019 VIA NIRONE PRO クラリス


Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル VIA NIRONE7 PRO CLARIS (ヴィアニローネ7プロクラリス)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

20182019
フレームアルミアルミ
フォークカーボン(アルミコラム)カーボン(アルミコラム)
STIクラリスクラリス
FDクラリスクラリス
RDクラリスクラリス
クランククラリス 50/34クラリス 50/34
BBBB-RS500BB-RS500
スプロケCS-HG50 11-34TCS-HG50 11-34T
ブレーキクラリスクラリス
ホイールビアンキ手組ビアンキ手組
タイヤVittoria ZAFFIRO 25CVittoria ZAFFIRO 25C
カラーチェレステ

マットブラック

ホワイト

ラピスブルー

ブラックチェレステ

ブラックレッド

ブラックピンク

定価(税別)105,000110,000

基本的なスペックは、2018年モデルと変わらないようです。
その上で僅かに値上げされていますが、これは前にも書きましたがシマノパーツが今年に入り二度の値上げがあったからです。
なので恐らくですが、どこのメーカーでも値上げもしくはスペックダウンは必至です。

ワイヤー内蔵化を果たしたわけですが、これは正直予想していました。
そろそろビアンキのアルミもワイヤー内蔵化して来るんじゃね??と思っていたので、個人的には歓迎です。

2019 VIA NIRONE PRO ソラ


Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル VIA NIRONE7 PRO SORA (ヴィアニローネ7プロソラ)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

ビアンキの場合、クラリススペックだとチェレステカラーがないことが多いです。
2019モデルのニローネも、チェレステはソラコンポから。

20182019
フレームアルミアルミ
フォークカーボン(アルミコラム)カーボン(アルミコラム)
STIソラソラ
FDソラソラ
RDソラソラ
クランクソラ 50/34ソラ 50/34
BBBB-RS500BB-RS500
スプロケソラ 11-32Tソラ 11-32T
ブレーキソラReparto corse
ホイールビアンキ手組ビアンキ手組
タイヤVittoria ZAFFIRO 25CVittoria ZAFFIRO 25C
カラーチェレステ

ブラックピンク

ホワイト/グラファイト

マットブラック

チェレステ

ホワイト

定価(税抜)120,000120,000

ソラスペックでは2018年モデルと比べて値段は同じのようです。
ただブレーキがシマノからレパルトコルサ、つまりはビアンキオリジナルに変更されてます。
たぶんテクトロ製だと思いますが。

2019 VIA NIRONE PRO 105


Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル VIA NIRONE7 PRO105 (ヴィアニローネ7プロ105)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

こちらは新型105のR7000を搭載したニローネです。

ちなみにですが、2018年モデルではティアグラモデルはあっても105モデルがありませんでした。
なので久々のニローネ105ですね。

フレームアルミ
フォークカーボン(アルミコラム)
STI105
FD105
RD105
クランク105 50/34
BBBB-RS500
スプロケ105 11-32T
ブレーキ105
ホイールビアンキ手組
タイヤVittoria ZAFFIRO 25C
カラーチェレステ

マットブラック

定価(税抜)158,000

ブラックがかっちょいいですね。

ワイヤー内蔵化で、ニローネに高級感が出た気がします。

ニローネの持ち味ですが、とにかくフレームが頑丈で、初心者でも乗りやすいというところでしょう。
まさにエントリーグレードのアルミフレームです。

加速性はどうしても上位フレームには負けてしまいますが、振動吸収性もそこそこいいアルミフレームなので、初心者の一台目としては悪くない選択肢です。
クラリスモデルを買ってグレードアップするもよし、最初から105にこだわるもよし。

2019モデルでグレードアップしたヴィアニローネでした。