【2019年モデル】ビアンキのセンプレプロとインフィニートCVはどうやら出ない模様・・・

2019年モデルのビアンキネタばかりで申し訳ないところですが、ビアンキのラインアップが判明しました。
そして人気の高いセンプレプロとインフィニートCVは、どうやら2019年モデルではカタログ落ちのようです。




2019年 ビアンキのロードバイク


今のところ判明している、ビアンキのロードバイクのラインアップです。

車種コンポタイプ定価(税別)
Specialissimaカンパニョーロ

スーパーレコードEPS

レーシング未定
カンパニョーロ

スーパーレコード

1,500,000
スラム E-TAP1,380,000
デュラエースDi21,450,000
デュラエース1,200,000
フレームセット500,000
OLTRE XR4カンパニョーロ

スーパーレコードEPS

レーシング未定
カンパニョーロ

スーパーレコード

1,380,000
スラム E-TAP1,380,000
デュラエースDi21,480,000
デュラエース1,180,000
アルテグラDi2880,000
フレームセット410,000
OLTRE XR3アルテグラレーシング388,000
105330,000
105ディスク358,000
Ariaアルテグラエアロ328,000
105278,000
105ディスク298,000
Fenice105レーシング268,000
Intenso105エンデュランス208,000
Impulso105エンデュランス173,000
Via Nirone105エンデュランス158,000
ソラ120,000
クラリス110,000
Impulso ALLROAD105グラベル228,000
AQUILA CVアルテグラTT未定
フレームセット未定
ZOLDER PROアルテグラ・105シクロクロス520,000
フレームセット420,000
ZURIGOスラム APEXシクロクロス170,000
ORSOクラリスグラベル130,000
L’Eroicaクラシック未定
SELVINOカンパニョーロ

ヴェローチェ

クラシック173,000
ANCORAティアグラクラシック160,000

センプレとインフィニートはありません。
しかし、ビアンキのグローバルサイトを見ると、センプレもインフィニートCVもあります。
また日本では2017モデルでしか存在しなかったイントレピダもあります。

なので単に日本でのみ販売しないだけかもしれませんね。

なぜセンプレが消えた??

個人的には2018年モデルではセンプレはかなりオススメしていました。
理由ですがなぜかソラモデルもあり、しかも大幅な値下げがあったからです。


【ビアンキ純正パーツプレゼント♪】ビアンキ 2018年モデル SEMPRE PRO TIAGRA(センプレプロティアグラ)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

ティアグラモデルでもかなり安いです。

元々センプレは、プロチームがレースにも使っていたフレームでした。
2018年モデルではセンプレのカーボンのグレードが下がったようですが、それでも購入した方からは買ってよかったと聞いています。

2018年モデルのビアンキのセンプレプロについて【タレコミ情報】

恐らくですが、ビアンキはセンプレよりもオルトレXR3をプッシュしているのではないでしょうか?
もしくはアリアなど。

ここ数年のビアンキカーボンフレームの進化って実はすごくて、オルトレXR3などに使われているカウンターヴェイルはかなり秀逸な素材です。
振動を減弱するんじゃなくて、除去するんですね。
素材で振動を打ち消しながら、フレームの剛性は保っているという不思議な感覚ですが、正直オルトレXR3は値段からすると安いくらいです。

しかしセンプレに比べるとお値段は高くなるわけで、センプレの価格帯って結構需要が大きいと思うんですね。
インテンソはギリギリ生き残りましたので、まだいいほうでしょうか・・・

インフィニートCVはどこへ?

インフィニートCVも名器、いや名車だと思うのですが、知らぬ間にカタログ落ち。
エンデュランスモデルの中ではトップグレードだったわけですが、なぜなくなってしまったのでしょうか??

ただグローバルサイトにはインフィニートCVが載っていますので、海外ではまだあるけど日本では売らないということでしょうかね??

インフィニートCVはかなりいいフレームだと思うんですが・・・


【ビアンキ純正パーツプレゼント♪】ビアンキ 2018年モデル INFINITO CV ULTEGRA MIX(インフィニート CV アルテグラ ミックス)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

2019モデルのビアンキオススメは

個人的に価格と性能のバランスがいいと思うのは、やはりオルトレXR3です。
XR4はさすがに高すぎる。
XR3はカウンターヴェイルを搭載した剛性と振動吸収性のバランスが秀逸です。


【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル OLTRE XR3 ULTEGRA (オルトレXR3アルテグラ)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2019モデルではディスクモデルも登場します。

【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル OLTRE XR3 DISC105 (オルトレXR3ディスク105))[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

ここ最近試乗した中では、オルトレXR3は最高でした。
正直LOOK765を買う前に試乗していたら、オルトレ買っていたと思います。

【試乗インプレ】ビアンキのOLTRE XR3を体験。カウンターヴェイルを搭載したエアロレーシングバイクの実力は、想像を超えた世界だった。

あと注目というか、エントリーアルミの定番ヴィアニローネがモデルチェンジし、ワイヤー内蔵になったのも注目です。

【2019年モデル】ビアンキ VIA NIRONE 7 PROがモデルチェンジ!ワイヤーが内臓に!