PVアクセスランキング にほんブログ村

マヴィックのキシリウムエリートUSTとキシリウムプロUSTの違いは何??スポークが違う??リムは同じ??

定番どころのローハイトリムのホイールで、マヴィックのキシリウムシリーズがあります。
2019モデルよりチューブレス化(UST)しましたが、キシリウムエリートUSTとキシリウムプロUSTの違いについて質問を受けることが多々あります。




この二つ、似ているようで結構違うホイールです。
単に重量差だけ見ていると重要なことを見逃してしまうわけで。

キシリウムエリートUSTとキシリウムプロUSTの重量差

重量価格(税別)
キシリウムプロUST1410g140,000
キシリウムエリートUST1520g95,000

特に初心者さんに多いのですが、まずは重量から見ると思います。
このスペックだけ見ると、110gの差で45,000円か・・・と思ってしまう人もいるかもしれません。

110gで45,000円。
これだけ見るとキシリウムプロUSTが割高だと思ってしまいがちです。
たった110gなら、ほかの部分の軽量化のほうがいいや・・・と思ったあなた!
それは違います。

ホイールは重量だけで見てはいけません。

エリートとプロの違い

リムは共通

キシリウムエリートUSTもキシリウムプロUSTも、リム自体は同じものです。
リムは共通です。

これはクリンチャー時代からそうで、私が持っているキシリウムエリートSは、キシリウムSLSとリムが共通でした。

スポーク素材が違う

キシリウムエリートUSTではスチールステンレススポークを使い、キシリウムプロUSTではアルミスポーク(ジクラルスポーク)を使っています。
アルミスポークのほうが剛性が高いという特徴がありますね。

元シマノの開発者という触れ込みのSACRAのホームページでは、アルミスポークは意味がないと書かれていますが、リムが共通でスポーク素材が違うだけで走りはかなり違います。
このスポーク素材の差は結構大きく、キシリウムプロUSTのほうが明確に剛性は高いです。

同じくアルミスポークを使っているホイールとして、フルクラムのレーシングゼロ、カンパニョーロのシャマルウルトラなどがあります。
レーシングゼロはアルミスポークな上に組み方の関係もあってかなり硬いホイールですが、キシリウムプロUSTはレーゼロよりは硬さがないかなと感じます。

キシリウムエリートUSTで採用されているスチールスポークですが、アルミスポークに比べると剛性は落ちますが、キシリウムエリート自体はそこまで剛性が低いホイールと言うわけではありません。

ラチェットの違い

キシリウムエリートUSTでは24ノッチのFTS-Lというシステムを採用しています。
これは昔から続くマヴィックのラチェット方式です。

二つの爪がフリーボディに引っかかることで駆動します。

キシリウムプロUSTでは、新型のインスタントドライブ360というシステムを採用しています。
これは36ノッチで、DTのスターラチェットと同じ構造です。

FTS-Lとインスタントドライブ360の走りの上での違いですが、後者のほうがよりダイレクトに引っかかる感じですので、駆動力はキシリウムプロUSTのほうが高いです。

フロントハブの寸法の違い

キシリウムプロUSTのほうがフロントハブのフランジ幅が広くなっています。
これにより横剛性が強化されていると思えばいいです。

なのでキシリウムプロUSTのほうがフロントホイールの横剛性は高いということになります。
アルミスポークの分もあるので、キシリウムプロUSTのほうがホイール剛性は全体的に高めということになります。

重量差が走りに出ているわけではないと思う

キシリウムエリートとキシリウムプロでは走りが結構違うというか、明らかにキシリウムプロのほうが硬いとわかると思います。
加速性もキシリウムプロのほうが上。

これが重量差からきているかというとそうではないと思ってまして、あくまでも剛性差からきているものと思います。

ずいぶん昔に、キシリウムエリートとキシリウムSLS(キシリウムプロの前身)を乗り比べしました。
どちらも100キロくらい走りましたが、その当時の私はアルミフレームだったこともあり、キシリウムSLSだと硬すぎるように感じてキシリウムエリートを買いました。

加速性はキシリウムSLSのほうが高かったです。

重量による加速性の差というよりも、踏み込んだ時の反応性が高いと感じたので、重量差による乗り味の違いではなく重量の影響がゼロだとは言いませんが剛性差による影響のほうが強い気がします。

たった110gに45000円・・・とみるのは惜しいです。

私が乗ったモデルは23cタイヤのクリンチャーでしたが、今のモデルはワイドリムのチューブレスタイヤです。
チューブレスタイヤの場合、リム打ちパンクが起こりませんので、低圧でも運用できます。
なのでキシリウムプロで硬いと感じても、ある程度はタイヤの空気圧でも調整可能なので、上位モデルであるキシリウムプロUSTでも多くの人が楽しめるかなと思います。

過去に鉄下駄⇒キシリウムエリートUSTに交換した方からインプレを頂いていますが、

【インプレ】マヴィックのキシリウムエリートUST。鉄下駄⇒キシリウムエリートUSTの効果とは?

走りも軽くなり、なおかつチューブレスタイヤの振動吸収性に満足されているようです。

キシリウムエリートUSTでもレベルが高いホイールなので、ロングライドだとこっちのほうが合うかもしれませんね。

Mavic【マビック】Ksyrium Elite UST Clincher Tubeless Road Wheelset 2018




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…