人気のBORAに45mmハイトのBORA WTO 45が登場!もちろんチューブレス対応!

ホイールメーカーとして人気が高いカンパニョーロから、BORA WTO 45というカーボンホイールが新しく登場しています。
今までのボーラというと、BORA35、BORA50があり、WTOでは60と77がありましたが、ロードバイクでも扱いやすい45mmハイトが登場です。



BORA WTO 45

最近のトレンドを抑えた設計で、リム幅はC19、チューブレス対応になってます。
リムも空力を意識したデザインに。

スペックをまとめてみました。

重量1496g
リムカーボン、45mmハイト
ブレーキゾーンAC3
ハブベアリングUSB
リム幅C19
対応タイヤチューブレス(リムテープ不要)、クリンチャー
対応タイヤ幅23c、25c、28c
スポーク数18・21
定価(税別)295,000

このようになってます。
ちなみにディスクブレーキ用のBORA WTO 45も発売され、重量は1520g、スポーク数は21・21です。


ポイントとなるのは、まずはチューブレス対応ですかね。
しかもニップルホールが開いていないため、リムテープは不要です。

C19なのに対応タイヤが23cからはおかしいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、最近の超ワイドリムの場合、ビートフックの形状を見直すなどで23cでも対応になっているものが多いらしいです。
まあ、リム幅から考えるに、25cあたりがベストチョイスな気がします。
ロードバイクでも28cを使うことがある時代ですからね・・・

エアロと軽量性のオールラウンダーかと


ボーラというと35mmハイトと50mmハイトがあり、35mmだとエアロ性は乏しいけどオールラウンドに使える、50mmだとエアロはいいけどちょっと重いなと思う人もいたことでしょう。
そこに45mmハイトと言うのは、バランスがいいのではないでしょうか?

WTOは60mmハイトと77mmハイトしかありませんでしたが、このリム高だとロードでは使いづらく、TTメインのスペックに成ってました。
そこに45mmのボーラ登場なので、使い勝手は良さそうですね。

ウイグルで早速探してみましたが、WTO60しかありませんでした。
45mmハイトのボーラは人気が出そうなので、要チェックですね。

Campagnolo Bora WTO 60 Wheelset