PVアクセスランキング にほんブログ村

もうすぐCAAD13が登場!それに伴いCAAD12が激安に。

最近、キャノンデールのアルミバイクCAAD12を買うとキャッシュバックというキャンペーンをしていることをご存知ですか?
アルミフレーム界のトップモデル、CAAD12が実質値下げになっているわけですが、これには理由があります。




そう、今年はCAAD13が登場するからです!

既にUCIの公認リストにある

blankblank

※画像はCAAD12です。

これは見てもらったほうが早いかもしれません。
UCIの公認フレームリストには、既にCAAD13があります。
liste-des-modeles-de-cadres-et-fourches-homologues—list-of-approved-models-of-frames-and-forks

もちろん、CAAD13ディスクもあるようです。

ただし、CAAD13の詳細については不明です。
CAAD12では6069アルミを使っていたのですが、アルミの品番を変えてくる可能性もあるでしょう。
CAAD10時代も6069だったので、変わるかどうかはわかりませんが・・・

アルミフレームというのは、アルミ合金を使っているフレームです。
アルミ合金は何を混ぜるかで4ケタの品番が変わります。
詳細はこちらにまとめてあります。

スペシャライズドのE5高品質アルミ合金ってそもそも何なんだ?

エントリーグレードのアルミフレームでは6061アルミが一般的ですが、軽量アルミフレームだと6011とか6069等を持ってくることが多いです。
7000番台のアルミは硬いことでも有名で、FELTのFシリーズなんかに採用されてました。

近年のアルミフレームの傾向からすると、剛性と振動吸収性を両立するために、かなり複雑な加工をして来る傾向があります。
アルミの加工技術というのも日々進化しているんですね。

エアロフレームになる?

blank
《在庫あり》MERIDA(メリダ) 2019年モデル REACTO400 (リアクト400)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]
blank
一部では、CAAD13ではエアロデザインのフレームになるのではないかという憶測もあるようです。
ただ、これはちょっと考えづらい気がしていまして、軽量アルミでエアロに行くのなら、ノーマルフレームのCAAD12は継続モデルになるだろうと予想されます。

今CAAD12がキャッシュバックキャンペーンをしているのは、在庫処分的な意味合いが強いと思うので、CAAD13はエアロフレームではなく、ノーマルなレーシングバイクのフレームになるのではないでしょうか?

ただ、エアロデザインのCAADというのがあっても面白いと思いますし、アルミ界の雄、キャノンデールが出した軽量アルミ&エアロフレームなら欲しがる人は多いと思います。
エアロのアルミフレームはほとんどないのが現状ですので、そういうのがあっても面白いかと。

キャノンデールは昨年、SYSTEMSIXというエアロフレームを投入してきていますし、可能性としてはゼロではないのかと。

これ以上、何が進化するというのか・・・

CAADはアルミフレーム界を常にリードしてきた存在で、それゆえにカーボンキラーという異名まで持っているのが特徴です。
CAAD10が12になったとき、正直なところそこまで凄い進化だと思っていなくて、人によってはCAAD10のほうが乗り味が好きという人もいました。
乗り味については進化というよりも相性問題なので、難しいところではありますが。

何が飛び出てくるのか今のところ不明ですが、CAADは目が離せない存在ですね。

blank
【SALE】【中古】キャノンデール Cannondale キャド12 CAAD12 Tiagra 2018年モデル アルミ ロードバイク 50サイズ 11速 グリーン
blank




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…