ママチャリの逆走。注意されても悪いなんて1ミリも思ってないって・・・

先日ですが、家の近所の片側一車線の狭い道で、逆走ママチャリ(子供乗せ)に遭遇しました。

こちらも電動アシストのママチャリだったのですが、交通量と道路形状からして、逆走自転車がいるとすれ違いができません。
車の列が途絶えるまでは逆走自転車と対峙するハメになるのですが、一応、注意してみたんです。



逆走自転車へやんわりと注意

逆走自転車と対峙して、車の列が途絶えるまではどちらとも身動きとれない状態だったので、一応注意しました。

自転車の逆走、危ないですよ。

今回は余計なことを言わずに、シンプルにまとめました。
この言葉の意味には、子供乗せているんだし、ということと、違反なんですよ、という二つの意味を込めて言ったつもりですが、伝わっているのかは知りません。

で、こちらも怒り口調でもなく、淡々と話しかけてみたのですが、普通なら【すみません】とか【気を付けます】だと思うんです。
でも違いました。

うっせーんだよこの野郎!
オマエバーカ!!

日本の未来は決して明るくない、そう思いながらも、それ以上言うのはやめました。
幼稚園児くらいの子供乗せていらっしゃいましたが、お母さんが怒鳴るのって、教育上も良くないですからね。

ちなみにですが、この日はGW期間中なので、お迎えで急いでいる等の事情はないかと思われます。

ママチャリの違反なんて、誰も真剣には考えていない

典型的な例として挙げますが、ママチャリに乗っている人が警察から注意を受けたとしても、たぶん左耳から右耳へスルー状態で、真剣には捉えていないと思います。

1:24から、ママチャリが信号無視して突入し、警察が追いかけて停止させています。
違反者の言い訳として、

点滅だったから・・・

警察【いや、完全に赤です】

いつもは信号守ってますよ

このやりとり見ても、いつもは信号守ってますなんて誰が信じるんですか?という話です。
違反している人が言う、【いつもは守っているんです!】というセリフほどむなしいものはありません。
説得力ゼロです。

3:13あたりからは携帯電話を使いながらママチャリに乗る男性が、警察に捕まっています。

堪忍して!堪忍して!
ごめんな忙しいから堪忍してくれへん?

忙しいからって、理由としてメチャクチャです。
しかもみんな見ていて恥ずかしいから声を小さくして、と警察に要求してますが、恥ずべきことは携帯使用の違反したことであって、意味を取り違えています。

こちらの動画。

4:11あたりから。
本来は自転車は地下道を通るようになっているみたいですが、

足が悪くて下には降りられへん

ということで、赤信号無視で走行。

足が悪いなら、赤信号無視なんて危険プレーはしませんし、そもそも自転車に乗るべきでもないかと。

これと似たようなことが実は私の職場でもあります。
職場の目の前に、大型ショッピングセンターのバイク駐輪場があるのですが、ショッピングカートを本来の戻す位置まで戻さずに、原付に荷物を積んで、私の職場の目の前にカートを投げ捨てていく方が多く、非常に迷惑しています。

一度、60歳過ぎくらいの女性が、カートを放置したまま原付で去ろうとしていたので、注意したんです。

一応、こっちも自分の店の前にこうされると困るから、カートは店内に戻してきてもらっていいですか?

そうしたら、ブツクサ言いながらも戻しに行く感じだったのですが、私の眼を盗んで、大きな木の陰にカートを投げ捨てていたので、

いやいや、それはないでしょう。
お店の人だって、こんなところにカート投げ捨てられたら困ると思いません?

そうしたら、【私は足が悪いんだよ!!足が悪い老人に歩かせる気か!!】と激怒開始。

もうね、呆れてモノも言えません。
そもそもまともに歩けないのなら、危ないので原付なんて乗らないでもらいたいところ。

で、こっちも怒りを押し殺しながら、

足が悪いって言っても、さっきまでお店の中歩いて買い物していたんでしょ?
とりあえず、その原付降りて、一緒にカートを返しに行きましょう。
足が悪いなら何でも許されるわけではないでしょ?

そうしたら、【一緒に返しに行くのなら、あなた一人で行けばいい】と言ってきたので、さすがにキレましたが。

身体が悪い人もいて、大変なのは重々承知です。
ですが、言い訳に使うのは違うでしょうよと。
最初からカートは返しに行くつもりもなく、確信犯で駐輪場まで持ってきていて、しまいに私の商売の営業妨害にもなっているので。

要は何を言いたいかというと、ママチャリで逆走やら信号無視などの違反をする人って、別にそれが悪いとも思ってないわけです。
だからこそタチが悪いというか、見つからなければいい、見つかっても反省するつもりがない、ということです。

もちろん、きちんと反省する人もいるでしょうけど、警察に見つからなければそれでいいくらいにしか思ってないでしょう。
そもそも、逆走が違反だと知らない人もいるかもしれないレベルで、ママチャリの逆走は多いですし。

こちらの動画の0:36あたりからですが、

信号無視したママチャリが、青信号直進してきたオートバイに激突しています。
オートバイの運転手、これで無事だったんでしょうか??と思うほど吹っ飛んでます。

これは、オートバイ側がロードバイクでも同じようなケースは起こりうるわけで、こんなのに衝突したら大怪我確定です。

で、ママチャリで違反を繰り返す人は、恐らく反省もないでしょうし、警察に注意されても【運が悪かった】くらいにしか思ってないでしょう。
こういう人たちが悔い改めない限りは、事故って減らないんですけどね。
どうしたら悔い改めてもらえるのか、ここが難しい問題な気がしますが、自転車の罰則はバシバシ取っていったほうがいいと思っているんですね。
今って違反の内容によっては警告カードみたいなので累積になると講習とかだったと思いますが、もう一発目から違反金でもいいのではないでしょうか?
また、違反金も額が安すぎるので、もっと上げてもいいと思ってます。

ロードバイクにとって、意外な敵は逆走のママチャリである、と言っていた人がいますが、ホント脅威ですし、凶器です。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット FIGO G-1ブルー M/L (頭囲 57cm~60cm未満)
OGK KABUTO(オージーケーカブト) (2012-08-01)
売り上げランキング: 1,032




コメント

  1. blank いーまー より:

     きちんと注意される管理人さんに感謝の気持ちすら感じます。
     最初のママチャリの方、はっきり言って子供が気の毒です。悪い事を反省もせずに罵声を浴びせる親、その親は子供が大きくなったらどうやって社会のマナーを教えるんでしょうね(^_^;)
     とは言え私もロードバイクに乗り始めてから自転車のマナーや交通規則を強く意識する様になりました。もしかして自分危険走行してたかも!(まぁ逆走まではしなかったと思いますが)ちょっと怖くなりました。

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      私もロードに乗るようになってなければ、恐らくはママチャリで逆走しても【何が悪いの?】くらいにしか思ってなかったと思います。
      注意したのは、道が狭すぎて、車も来ているので、どっちかが引き返さない限り通行不可能だったからです。
      なので逆走ですよ?と注意せざるを得なかったと言うか。

      ちなみに過去にも、同じようなケースで、どちらかがバックしないとすれ違い不可能な場面で、逆走ママチャリに注意したことがあるのですが、そのときは【あなたがバックしたほうが歩道までの距離が短い】と言われましたw
      いやー、逆走しておいてそれを言えるのは凄いなと驚きを超えて呆れです。