ロードバイク、防げる事故、防げない事故集。

ロードバイクは公道を走る乗り物ですので、事故はある意味つきものです。
どうやったら事故を防げるかですが、ある程度は走り方1つで未然に防ぐことが可能です。

なので今回は、防げる事故、防げない事故について。



防げる事故、すり抜けしない

まずはこちら。

すり抜けていった結果、車のドアが急に開いて衝突しています。
これの対策ですが、そもそもすり抜けしないというのがポイントでしょう。
厳密な話で言うと、左後方を確認せずに開ける車のほうが悪いのですが、ぶつかって痛い目にあうのはロードバイクのほうですから・・・

要注意なのはタクシーで、タクシーってお客さんを降ろすために急停止して左に寄せるドライバーもいます。
あらゆる事態を想定していれば、こういう狭い隙間はすり抜けなんかしないほうがいいでしょう。

ちょっと前に実際に見たローディーですが、狭い隙間をすり抜けようとしてバランス崩して、歩道側に落車してました。
すり抜けずに後方待機していれば怪我もせずに済んだものを、後から見ていると自爆にしか見えませんでした。

防げる事故 すり抜け時の注意

こちらはクロスバイクですが、この動画を撮影している車によって、お互いに死角みたいになっている状態ですね。
対向車のドライバーも、クロスバイクの乗り手もどっちもどっちな気がしますが、ポイントになるのは、前の車が発進しているにもかかわらず、動画撮影者が発進しようとしていないところです。
こういうとき、何かあるなと感じるセンサーも必要です。
そもそも、すり抜けするのであれば、何かあること前提で速度は控えめにしたほうがいいのはもちろんですが。

それにしても、キレイに前転してますね。
フラットペダルのクロスバイクだからこうなるというのもありますが、ビンディングで繋がっている場合はもうちょっと違う転び方になる可能性もあります。

クロスバイクのVブレーキは簡単にホイールロック起こすので、要注意です。
最近はディスクブレーキのクロスバイクも増えてますので、ますます要注意。

防ぎづらい事故 左折巻き込み

こちらは左折専用レーンにて、後方から来た車が交差点内で追い越ししてきたために起こっています。
これは完全に車側が悪いのですが、ヒントがあるとしたら、見たところ左折専用レーンがそれほど広くない、むしろ狭いということです。

嫌な予感を察知して、車線内で真ん中寄りを走り、追い越しをブロックするという手段もあります。
ただこれも流れを読んでやらないとむしろ危険になることもあるので、ケースバイケースです。

事故ではありませんが・・・

こちらの動画は、原付を後からロードバイクが煽っているようです。
怪我してもいいなら仕方ないですが、前の原付が急ブレーキ掛けたら二人して爆死しかねないので、こういうことはしないほうがいいですね。

ロードバイクに乗っていると、知らぬ間に知らない人がドラフティングに入っていることがありますが、正直なところ迷惑だと感じる人って覆いと思いますよ。
レースじゃあるまいし。

防げる事故 自らを律する

こちらの動画は、左に寄りすぎているのも気になりますが、制御不能な速度に陥ってます。
対策としては、自分の実力を知るということに限りますね。

ロードバイクって、峠の下りとかだと、素人さんでも時速60キロとか出てしまうことがあります。
一度その速度域まで上がってしまうと、そこから減速するのですら怖かったりしますが、自分で制御できない速度まで出さないというのが基本中の基本です。

この速度域でぶつかると、かなり痛いと思いますけどね・・・

弱虫ペダルの撮影で右コーナーで落車し、縁石に強く打ち付けて脊髄損傷という重傷を負った役者さんもいましたが、これも一歩間違うと脊髄損傷になりかねません。
脊髄損傷は、一生回復しませんし、一生手とか足とか動かない状態になることもあります。
不謹慎かもしれませんが、他人の事故から学ぶということも大切です。

これは一体・・・

こちらの動画では、不可思議な落車をしています。
後輪が道路のギャップでも踏んだ&前荷重とかでしょうか?

峠の下りで結構多いのは、道路自体が荒れているところです。
マジで怖いです。
近年は25cタイヤが増えてきてますし、ディスクロードだと28cタイヤもありますが、一般的にはかなり細いタイヤであることには変わりませんし、ちょっと荒れているだけでもロードバイクには大敵です。

ただこの動画、落車したご本人も原因不明だと書いてますので、対策しようがありません。
自分が安全を確保できるレベルでのスピードコントロール、路面の状況をよく見るということに加え、普段からバイクコントロールの練習をしておくのがある意味対策なのかもしれません。

こういうスラロームとかの練習、本当は必須でやったほうがいいんですよね。
オートバイの免許では必須でしょうけど、本当はロードバイク買ったらやるべきテクニックなんでしょうね。

バイクコントロールを身に付けていれば、多少体勢崩れても立て直せる可能性はありますが、必ず防げるわけではありません。
やらないよりは全然マシかと。

事故には至っていませんが・・・

こちらは前方のタクシーがお客さんを降ろすためにドアを開けているにも関わらず、すり抜け敢行。
この距離感なら止まれないはずはありませんし、無理してすり抜ける理由がわかりません。

こういうのも、タクシーが前にいるときはある程度警戒しておくべきです。
タクシーのすぐ後をベタ付けして走っていたりすると、タクシードライバーって問答無用にお客さん優先してくることもあります。

もちろん、わけわかんないタイミングでドアを開けようとするドライバーにも問題はあるでしょうけど、怪我するのはロードバイク側ですからね・・・
自分を守りたいなら、変なすり抜けとかしないほうがいいです。

事故には至っていませんが・・・

こちらの動画は、車線変更で左車線に来た車・・・と思いきや、なんと左折開始だったという事例です。
誰が悪いかといえばもちろん車のドライバーですが、このロードバイクは車線変更してきた時点で警戒して減速していたので、間一髪逃れたようです。

これ、交差点じゃなくてお店などに入ろうとしている車でも、時々います。
なのでなんだかおかしな車線変更してきたなと思うときは、減速して後方待機が原則。

【嫌な予感】を感じ取れる人と、そうでない人とでは怪我のしやすさが違うかと。
ドライバーが悪いのは当然ですが、こんなのでも事故ってしまうと生身のロードバイク側が怪我するのは目に見えているので。

むしろ事故って死んで欲しい

こちらの動画はイマイチ意味が分からないのですが、道路の中央を、並走したりやりたい放題です。
歩道を全力で走ったりしてますね。
なんかのPR動画みたいな作りですが、こういうやつらがいるからロードバイクが嫌われるわけで、早く事故って死ぬか、警察に捕まって欲しいところです。

警戒すべきかと

こちらの動画ですが、0:14あたりで、中央車線の軽トラが左車線に来るわけですが、ロードバイクに乗る立場からすると【そのタイミングは勘弁】というところじゃないでしょうか。
なんですが、このロードバイクの乗り手の方、その後は信号待ちで軽トラより前に出たりしています。

事故ってない動画ですが、こういうおかしな車線変更してくるような車を見たら、おかしな奴の可能性も高いと警戒したほうがいいのではないかと思います。
実際、2:32あたりから、その軽トラにそこそこ近い距離から追い抜きされていますが、私なら最初の車線変更とその後の走り方を見て、【おかしな奴認定】し、無意味に前に出ないようにします。
前に出ると、おかしな攻撃喰らう可能性がありますが、後にいる分にはその可能性も限りなくゼロですし。

危険察知能力とでもいいましょうか。
どっちが悪いとかではなく、おかしな奴を見かけたら近寄らないというのが鉄則かと。

防げる事故

こちらの動画は、ダウンヒルでスピードが出ている最中に、サイコンの角度を直していたために右コーナー(緩め)を曲がり切れなかったようです。
これは単なる不注意ですので、ダウンヒル中にこういうプレイをしなければいいだけです。

あと結構気になるのですが、最近、ダウンヒル中にブラケットポジションの人が多い気がします。
ダウンヒルのときは下ハンドルが基本です。
理由ですが、ブレーキ操作がしやすいというのもそうなんですが、重心が下がるのでコーナーリングが安定します。
スピード出ている状態だとうまく曲がれていない人もいますが、下ハンドルで重心下げることと、目線をコーナーの出口に向けることが基本です。
また、高い位置から落車するのと、低い位置から落車するのでは怪我の度合いも違うからです。

ただし、下ハンドルにすると空力が良くなりスピードが出やすくもなるので、あくまでも自分がコントロールできるスピードを超えないというのが鉄則でしょう。

ブラケットポジションで下る人が増えているのは、恐らくリムブレーキでもブレーキ性能がかなり上がっていることと、ディスクブレーキも関係しているように思うのですが・・・

どうしようもない人たち

こちらはイマイチ理解しがたいところですが、歩道を走行していて落車し、他人のロードバイクと絡まっています。
位置関係から見るに、並走状態だったんでしょう。
そもそも歩道走っている時点でナシですし、狭い歩道を並走していたなら救いようもありませんし。

あと、自撮り棒を持ちながら走ってますが、完全な違反です。
普通にルールを守って車道を走っていればこんなことにはならないでしょうし、防げる事故なことには変わりありません。

こういう乗り方する人は普通はいないでしょうけど、本気でやめてほしいです。

その後も歩道走っている動画とか上げてますが、お話になりません。

事故は未然に防ぐもの

全ての事故を防げるわけではありませんが、ちょっとした注意だったり、おかしいなと警戒する気持ちがあれば、意外と危険は避けることが出来るものです。
ロードバイクの場合、生身で走っているわけですので、ぶつかれば怪我します。
車のドライバーは金属に囲まれていて、ロードバイクと接触した程度では怪我1つしません。

車が悪いと思う事故でも、怪我して苦しむのはこっちですので、走り方を気をつけましょう。