限定商法、いったいいつまで続くのか・・・

先日のレーシングゼロコンペの限定レッドモデルについて、ご意見いただきました。

またレーゼロのレッドスポークバージョン、出るんですね。
実は去年、レーゼロC15レッドスポークバージョンが復刻というやつで、買ったんです。
なぜにC15?今更C15?という気持ちはありましたけど、この機会逃すと手に入らないと思って買って・・・

今年はC17のレーゼロコンペで復活なんですね笑
今使っているレーゼロC15レッド、走りも軽いですし気に入っているのでいいんですけど、C17のレーゼロコンペのほうが正直欲しかったです。

限定限定って言いますけど、個人的には「今年も限定なんですね」と皮肉込めて言いたいところです。




なるほど、なんか怨念を感じるようでして笑

限定商法

昨年レーゼロレッドスポークが復活した際は、読者様の情報によると、販売店に情報が入る前に完売したそうです。
(完売と言うのは、販売店が買い占めたと言う意味)

【悲報】レーゼロのレッドスポーク限定版、もう売り切れだってよ。

このとき、なぜかナローリム(C15)での復活だとアナウンスされていました。
これ、実態としてどれくらいの総数が日本に出回ったのか知りませんが、個人的な勝手な予想としてですが、どこかにレーゼロC15のリムが余っていて、それを売り捌くためにレッドスポークで限定感を出しただけなんじゃないかと予想してました。
なので総数としてはかなり少なかったのではないでしょうか?
販売店側に情報が回る前に、どこかが買い占めたっぽいですし。

今回はレーゼロコンペのレッドカスタムとなってますが、初期のレッドレーゼロとは見た目も違います。
初期のレッドレーゼロの場合、リムのブレーキゾーンの内側もレッドでしたが、今回はリム自体は通常のブラックリムにレッド系のデカールのようですし。

こちらは2013年時の【限定】レーゼロレッドですが(ワイズさんより画像お借りしました)、

http://www.ysroad.net/shopnews/detail.php?bid=88970

このときの限定は100本だったようですが、リム、スポーク、ハブのフランジなど全てレッドです。

今回のレーゼロコンペのレッドカスタムはこちら。

同じレッドスポークでレーゼロ(系)だとしても、だいぶ見た目の印象も違いますね。
ちなみに昨年のC15レッドレーゼロはこちら。

これもレッドスポークでレーゼロとはいえ、やはりまた違いますね。
リムのデカールはブラック系、ハブもブラック系のようです。

個人的な印象としてですが、リムもレッドになっている古いタイプのレッドレーゼロは凄くカッチョいいのですが、フレームカラーとかとの兼ね合いでフレームがレッド系が強すぎると、恐らくクドイ車体に見えると思います。
ビアンキのチェレステのフレームで、他のパーツもチェレステ系を使いまくると驚くほどクドイですが、それに近い感じ。

昨年のブラックリムとブラックハブでレッドスポークのほうが、いろんなフレームに合わせやすそうな気がします。
個人的にはレッドスポークを目立たせるために、あえてレーゼロナイトのフルブラックのリムでレッドスポークのほうがカッコいいのではないかとも思うのですが。

限定商法と言うと、マヴィックあたりもお得意です。
キシリウム125という125周年記念のホイールを出しましたが、その翌年にはほぼ同じホイールを普通に売ってますw
キシリウム125を買った人は非常にツライ思いをされたのではないでしょうか?
黄色いコスメチックスポーク採用も、普通に翌年に引き継がれていますし。

限定を信じてはいけない

強いて限定感が強いとしたら、スペシャライズドのRED HOOK限定カラーではないでしょうか?

私が知る限りでは、節操もなく復活なんぞしていません。

ちなみにこのカラーを探しているというメールが何度か来たことがありますが、こういうのは出始めの時点で買わないと無理です。
もうそろそろモデルチェンジという時期に限って、探している人が増える気がするのですが、本来は限定カラーですので復刻しません。
そのあたりスペシャライズドは清いですね(当たり前か)。

フルクラムのレッドスポーク限定ですが、まあ、もしかしたら毎年のように復刻するかもしれませんし、しないかもしれません。
なので欲しいと思ったときが買いなんでしょうけど、既に買った人からすると【今年も復活・・・】とやや暗い気持ちになるのかもしれませんね。

個人的には、初期のリムもレッドのレーゼロか、金シャマルが欲しいところです。
金シャマと略して読むと、微妙に噛んでキン〇マと言い間違いしかねないので、注意が必要なホイールです。