PVアクセスランキング にほんブログ村

ヴィットリアのコルサG+が驚きの65%オフ、3639円!23cも25cもあります!

読者様からのタレコミ情報になります。
ウイグルにて、コンチネンタルのGP4000S2が激安化していることは何度も書いていますが、ちょっと前にヴィットリアのコルサもモデルチェンジしましたよね。




その影響だと思いますが、旧型コルサが驚きの65%オフになっているようです。

ヴィットリア コルサ

定価 10,600円 ⇒ 3,639円(65%オフ)


Vittoria – Corsa (コルサ) G+ フォールディング Graphene タイヤ

今のところ、23c、25c、28cの在庫があるようです。
どれも値段は65%オフの3,639円。

ただし、タイヤサイドがあめ色の28cに関しては、もう少し高めになっています。

コルサは私も使っていますが、

Vittoria CORSAインプレ。オープンコルサCX3から変えました。

さらに前作のオープンコルサCX3に比べるとタイヤ自体の重量が重くなっているせいか、最初コルサに変えたときはやや重さを感じました。
重量は23cで235g、25cで240gとなっています。

ただ何度か乗っているうちに、これはこれでアリだなと感じてます。

ヴィットリア コルサ2走目。なんか前回と印象が変わった気が・・・

グリップ力の高さ、コーナーリング耐性、乗り心地など個人的にはバランスがよく好きなタイヤです。

新型コルサですが、バイシクルローリングレジスタンスの実験結果で、転がり抵抗が悪いとか言われていますが、どうなんですかね?
旧型は転がり抵抗については、乗った印象では悪いとは思いませんが。

コンチネンタルGP4000S2は25cならあります

昨年GP5000が発表されて以降、激安状態が継続しているコンチのGP4000S2ですが、まだ25cは在庫があるようです。

25c(2本) 7190円(61%オフ)


Continental – Grand Prix (グランプリ) 4000S II フォールディングロードタイヤ (ツインセット、25c)

確か28cも合ったような気がします。
で、コルサもそうですが、今までいいタイヤを使ったことがないという人には是非使って欲しいです。
こういう激安のタイミングで、普段買わないようないいタイヤが買えるわけですので。

クロスバイクの人も、28cがあるのでいいかもしれませんね。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…