【2020モデル】ビアンキのOLTRE XR4&OLTRE XR4 DISC。ニューカラー登場!スラム無線e-Tap完成車も登場します。

ビアンキの2020年モデルが発表されていますが、今回はフラッグシップモデルのオルトレXR4です。
オルトレXR4については結構硬めのフレームなので、上級者、レース目的の方向けという感じですが、エアロデザインでカッコいい一台ですよね。




リムブレーキモデルとディスクブレーキモデルがあります。

2020 オルトレXR4(リムブレーキ)

いきなりですがニューカラーから。

ビアンキのサイトによると、【2R – Black/ Graphite Full Glossy】というカラーになります。

すごくわかりづらいですが、真っ黒一色ではありません。
ロゴの一部にチェレステが入ってます。

もちろん、定番のチェレステもあります。
やっぱビアンキというとこっちですよね。

簡単にまとめてみました。

フレームセット スーレコEPS スーレコ デュラDi2 デュラ デュラMIX アルテDi2 e-tap
シフター スーレコEPS スーレコ デュラDi2 デュラ アルテDi2 Red eTap
クランク スーレコ

52-36

スーレコ

50-34

デュラ

52-36

デュラ

50-34

Fsa SL-K Light

50-34

アルテ

50-34

Red D1 48ー35T
FD,RD スーレコEPS スーレコ デュラDi2 デュラ アルテDi2 Red eTap
スプロケ スーレコ

11-29(12s)

デュラ

11-28(11s)

アルテ

11-28(11s)

Red

10-28(12s)

ブレーキ レコード デュラ アルテ Sram S900
ホイール フルクラム レーシングゼロ フルクラム レーシング418 レーゼロ
タイヤ Vittoria Corsa G2.0 graphene 25C Vittoria Rubino Pro G2.0 graphene 25C Vittoria Corsa G2.0 graphene 25C
カラー チェレステ

ブラック

定価(税別) 41万 158万 128万 148万 118万 88万 88万 148万

カラーは全て共通です。
正直なところ、オルトレXR4クラスだと、完成車で買うよりもフレームセットで買う人が多いと思います。
参考画像だとディープリムになってますが、基本レーゼロが付いてくるようですし。

スラムの無線コンポも登場してますが、さすがこういうところのトレンドは抑えてきますよね。
まあ、この値段ですので、全世界でどれだけ売れるのか知りませんが・・・

2020 オルトレXR4 DISC


こちらもリムブレーキ版とカラーは共通のようで、定番チェレステと、ブラックがあります。

【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2020年モデル OLTRE XR4 DISC ULTEGRA Di2 (オルトレXR4ディスクアルテグラDi2)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

こちらもスラムの無線コンポ完成車が登場します。
スラムの無線ディスクコンポって、セットで約48万ですので、完成車価格がこれでもお買い得なんでしょうか。

こちらも簡単にまとめてみました。

DISC フレームセット スーレコEPS スーレコ デュラDi2 デュラ アルテDi2 e-tap
シフター スーレコEPSディスク デュラDi2ディスク デュラディスク アルテDi2ディスク e-tapディスク
クランク スーレコ

52-36

デュラ

52-36

アルテ

52-36

Red D1 48ー35T
FD,RD スーレコEPS デュラDi2 デュラ アルテDi2 e-tap
スプロケ スーレコ

11-29(12s)

デュラ

11-28

アルテ

11-28

Red

10-28(12s)

ブレーキ カンパ油圧ディスク デュラ油圧ディスク アルテ油圧ディスク Red油圧ディスク
ホイール Fulcrum Wind 550 Vision Metron 55
タイヤ Vittoria Corsa G2.0 graphene 25C Vittoria Rubino Pro G2.0 graphene 25C Vittoria Corsa G2.0 graphene 25C
カラー チェレステ

ブラック

定価(税別) 53万8千 178万 148万 158万 128万 108万 158万

まあ、ただでさえ高いオルトレXR4ですが、油圧ディスクだとどうしてもさらに高くなりますね。

リムブレーキ版もそうですが、さすがにこのクラスになってくるといいタイヤしか付いてきません。
30万くらいの完成車だとどうしてもヴィットリアザフィーロとかが定番になってしまいますが、コルサが付いてくるのが標準です。
まあ、これだけカネ出したんだから当たり前か・・・

オルトレXR4の特性

オルトレXR4ですが、フレームとしては硬い部類です。
ただしビアンキが誇るカウンターヴェイル搭載のフレームなので、振動吸収性も十分確保されています。

一般的なライダーだと、オルトレXR3のほうが乗りやすいとは思いますが、やはり憧れるハイエンドモデルというところですかね。

【2020モデル】ビアンキのオルトレXR3。カウンターヴェイル搭載のお買い得ロードはリム・ディスクと継続です。

このクラスだと、フレームセットで買って、好きなホイール付けて・・・という人が圧倒的多数でしょう。
リムブレーキ版は基本がレーゼロになっていますが、オルトレXR4だとどうみてもディープリムのほうがカッコいい。

今だとボーラとかもやや安めだったりするので、イタリアンコンビでボーラが似合いそうなルックスですね。

Campagnolo – Bora One (ボーラワン) 35 クリンチャーホイールセット (2018)