【2020モデル】CANNONDALE SUPER SIX EVOが大胆にモデルチェンジ!第三世代突入へ。

いろんな方面で既に報道されていますが、キャノンデールのスーパーシックス EVOが2020年モデルとしてモデルチェンジしてきました。
あらゆる面で、最近のトレンドを抑えたフレーム設計と言えますし、デザイン性については賛否両論かもしれません。




2020 SUPER SIX EVO

こちらが新型のスーパーシックス エボです。
スーパーシックス エボというと、軽量なフレームでありながらも十分な剛性を持つオールラウンダー的なバイクでしたが、新型については、見た感じでエアロを意識したデザインに変更されています。
ディスクブレーキ用フレーム、リア三角を小さくしているなど、最近のトレンドを抑えてきたイメージですね。

ディスクフレームで806g(塗装後重量)なので軽いほうではあるのですが、一番気になったのは、キャノンデールらしくないデザイン性。
キャノンデールらしさと言うと、ダウンチューブに書かれたロゴもひとつの特徴ですが、


ダウンチューブの【キャノンデール】のロゴがなくなり、トップチューブ上に小さくキャノンデールと書かれているのみです。
個人的には、昨年モデルのTIMEのフレームデザインに似ているような気がしたのですが。。。

タイムもロゴが変わったということで一時期騒然としてましたが、そんなイメージ。

こちらは2020年モデルのキャノンデール スーパーシックスエボ スラム完成車。

こちらは2019モデルのTIME Fluidity。

色使いがどうもタイムっぽくなったのですが、タイムのほうは2020年モデルから、旧ロゴに戻りますw

フレーム性能は上がっているようで

新型のスーパーシックス エボになり、フレーム性能はあらゆる点で上がっているようです。
特に空力と快適性は上がっているようで、時速48キロで走行時に、旧エボよりも30w軽減しているとか、快適性が18%向上したとか。

ただ、大幅なカラーリングやデザインの変更があったのも事実なので、これは【前作のデザインがいい】という人もいれば【新作のほうがカッコいい】と思う人もいるでしょうし、賛否両論でしょうね・・・

こうなると、今期登場予定のCAAD13もこのロゴなのかなと思うのですが、

流出元がよくわかりませんが、このように既に画像は出回っています。
一部ではCAAD13はアルミエアロで来るのではないかと言われてましたが、さほどエアロ感はなさそうですね。

しかし、キャノンデールというとこのようなデザインが多かったので、

従来のキャノンデールファンが納得するのかはやや疑問な気がします。
個人的には、キャノンデールの最近の傾向は、ホワイト&グリーン系のカラーが1つのアイデンティティなのかと思ってましたが、ここにきて大胆な変更ですね。

個人的には前のロゴのほうが好きですが、カラーリングやデザインが一新して、新たなファン獲得に向かっているのかもしれません。


Cannondale SuperSix 5 105 Carbon Road Bike