【2020モデル】ビアンキのORSO。昨年はクラリスでしたが、今年は105グレードのGRX600で登場です。

2019モデルから登場した、ビアンキのクロモリグラベルロードのORSO(オルソ)。
昨年はコンポがクラリスで機械式ディスクブレーキ搭載でしたが、2020年モデルでは早速新型グラベルコンポのGRX600で来ました。

まあ、その代わりお値段も急上昇したわけですが。



2020モデル ORSO


クロモリフレームのグラベルロードということで、珍しい存在のオルソ。
昨年登場したときは、クラリスコンポ&機械式ディスクブレーキというスペックで税別133000円でした。
(ただし、海外サイトでは2019モデルでソラと105完成車があった)

2020年モデルのオルソは、新型グラベルコンポのGRX600を積んで再登場です。
GRX600は105グレードなのと、油圧ディスクブレーキ化したので、当然ですがお値段は昨年よりも上がります。
2020年モデルのオルソは、税別235,000円。

クロモリフレームということで、細身のパイプとロゴなどもレトロ感を演出してますね。

さすがに、クロモリだからシルバーパーツでこだわりたい!というわけには行かないですが。
グラベル系でシルバーパーツは、あるんでしょうかね??

昨年そこそこ人気を集めた、ミリタリーグリーンのカラーも健在。
バーテープなどもいい感じの色を選んできてますね。

スペックはこちら。

フレームクロモリ
フォークカーボン(アルミコラム)
STIGRX600 ディスク
クランクGRX600 46-30
FD,RDGRX810
スプロケ105 11-34
ブレーキGRX400 油圧ディスク
ホイール手組(チューブレスレディ)
タイヤKenda Flintridge 700x40C
カラーミリタリーグリーン

ブラック

定価(税別)235,000

フロントディレーラーとリアディレーラーがGRX810(アルテグラグレード)になってますが、これは変速性能を重視してグレードアップしている・・・わけではありません。
というのも、GRX600にはそもそもディレーラーの設定がありません。
別にR7000系のディレーラーを持ってきても使えるようですが、グラベルコンポで揃えようとした場合には、11速用ディレーラーはGRX800系にしかないんですね。
こういうところを知らないサイトが、

負担がかかる変速をグレードアップさせて、ユーザーファーストのスペックにした

などと誤認させるようなことを平気で書くんでしょうけどね~笑
初心者さんを騙すにはこういうのは好都合なんでしょうね。

ちなみに、ブレーキはGRX400、つまりはティアグラグレードです。
これ、ブレーキの質を105から下げた・・・というわけではないんです。
GRX600(105グレード)には、ブレーキも無いんですね。
なので仕方ないこと。

GRX600系は、STIとクランクしかないんですよ。
あと、フロントシングル用の、左ブレーキレバーもGRX600系にはありますね。

レース志向よりもツーリング志向の一台か

グラベルレースで走ることもORSOで出来るでしょうけど、どうしてもただでさえ重い油圧ディスク完成車で、フレームがクロモリですので、どちらかというとツーリング志向の方にいいのではないでしょうか?

クロモリの強固なフレームに、フロントフォーク、シートステー、リアエンド部にはダボ穴があるので、キャリアを搭載したりしてツーリングしたい人にいいのではないでしょうか?
特に、カーボンやアルミの極太チューブが苦手という人もいますし、レトロな感じながらもスペックは最新鋭というオルソの持ち味を生かすなら、キャンプツーリング、バイクパックなどにオススメの一台。

だいぶ前に、グラベルロードでロングライドっておかしいだろ?とナゾのコメントをいただいたことがありました。
まだグラベルロード自体が日本ではほとんど普及してない頃のことですが、今はロングライド目的であえてロードバイクではなくてグラベルロードを買うという人も増えている気がします。

ただもう1つ気をつけて欲しいのですが、ロードバイクを買うつもりで間違えてグラベルロードを買って、タイヤが太すぎるように見えるなどと言っている人もいます。
太すぎるように見えるのではなくて、太いんです。
素人さんてきには同じような外見に見えてしまうのかもしれませんが、スピード感溢れる走りをしたい方は、当然ですがロードバイクを選ぶべき。

グラベルロードは間口が広い自転車でして、グラベル走行したい人はもちろんのこと、ロングライド目的やツーリング目的の人、通勤通学など幅広く使い勝手がいい自転車です。
本当はロードバイクとグラベルロード、二台持ちなら面白いのでしょうけど、私は今のところロードだけです。
自転車が細分化されてきている時代ですので、用途と目的をしっかり考えて、スポーツサイクル一台目にグラベルロードというのも面白いかもしれません。