【2020モデル】ビアンキのINFINITO XE。名車INFINITO CVの弟分として約30万で登場!

ビアンキの2020年モデルは既に発表済みですが、ここにきてINFINITO XE というエンデュランスカーボン車が突如発表されました。
なぜ今の時期に?という疑問はありますが、INFINITO XEはある意味では魅力的なスペックでして。




2020 ビアンキ INFINITO XE

ビアンキには既にインフィニートCVというカーボンフレームのエンデュランスバイクがありますが、インフィニートCVの場合、CV,つまりカウンターヴェイルをフレームに織り交ぜて、振動吸収性を高めていたフレームです。
カウンターヴェイルが入っているフレームだとどうしても高価になってしまうのですが、ビアンキのエンデュランスバイクのラインアップを見た場合、最上位のインフィニートCV アルテグラが52万、次のグレードがインテンソ105で約22万となっていたため、その間がまったくなかったわけです。

元々は、インフィニートCVが登場する前は、インフィニートという車種がありました。
105完成車で10万円台後半だったと思いますが、それくらいのミドルレンジを埋めるべく登場したのが、INFINITO XE。

こちらはインフィニートCVですが、

インフィニートXEではややフレームのデザインが変わっていて、例えばシートステーの交点がやや下に下がっています。

凄く分かりづらいとは思いますが・・・

で、インフィニートXEですが、105ディスク完成車で税別298,000円、アルテグラディスク完成車で348,000円と、ミドルレンジの価格帯に収めてきています。
このようにコストダウンできた理由は、カウンターヴェイルを使わないカーボンフレームだからです。

ディスクブレーキ用フレームのみで、フラットマウント、スルーアクスルと今主流の規格で来ました。
フレーム重量は1100g、フォーク重量は420gとなっているので、ディスクブレーキ用フレームとしてはまさにミドルグレードなところですね。

タイヤクリアランスは32mmまでです。

105ディスク、アルテグラディスク完成車のみ

簡単にスペックを見ていきましょうか。

105ディスクアルテグラディスク
フレームカーボンカーボン
フォークカーボンカーボン
STI105ディスクアルテグラディスク
クランク105 50-34アルテ 50-34
FD,RD105アルテグラ
スプロケ105 11-32アルテ 11-30
ブレーキ105油圧ディスクアルテ油圧ディスク
ホイールFulcrum Racing 918Fulcrum Racing 918
タイヤVittoria Zaffiro Pro Slick 28CVittoria Zaffiro Pro Slick 28C
カラーチェレステ

ブラック

チェレステ

ブラック

定価(税別)298,000348,000

ホイールがフルクラムのレーシング918なのでまあここは鉄下駄ですね。
レーシング9という完成車用のホイールのビアンキバージョンなので、リムにチェレステのロゴが入ってます。

フレームカラーはチェレステと

ブラックの二色展開。

ここ数年、ビアンキは完成車重量を発表してませんが、8キロ台後半あたりなのかなと勝手に推測します。
ディスクブレーキ車は重量が読みづらい・・・

2020新作のスプリントと双璧を成す存在へ

ビアンキのエンデュランスロード、インフィニートCVはかなり評価が高いのですが、いかんせん値段が高いのでなかなか手が届く範囲ではなかったりします。
2020年は新作のレーシングバイク、スプリントを出してきましたが、スプリントの105ディスクで278,000円ですので、対になった存在でレーシー名物が欲しいならスプリント、エンデュランスが欲しければインフィニートXEというところでしょうか?


ちなみにスプリントの場合はリムブレーキモデルもあり、こちらは22万円台です。


よくよく見ると、シートステー、トップチューブ、シートチューブの交点が、スプリントもインフィニートXEも似てますね。
少し厚みを持たせて剛性を確保しているかのよう。

ここ数年、ビアンキはカーボンフレームに力を入れてますね。
その代わりアルミロードのインプルソが廃盤になり、FENICEも消え去ったわけですが・・・

今年ビアンキを買おうと思っていた人は、悩ましい限りですね。
ちなみに同じような価格帯には、アリアというエアロロードもあります。


あえて自慢のカウンターヴェイルを廃することで、思い切った価格帯で勝負してきた感じですね。
スプリント、インフィニートXE,アリアとほぼ同じような価格ですので、この価格帯でビアンキが欲しい方は悩ましい限りです。