【2020モデル】ビアンキのアリア、スプリント、インフィニートXEのフレーム重量を比較。20万円台カーボン車が狙い目か。

ビアンキの2020年モデルですが、20万円台完成車の中に、2つも新型フレームが登場しています。
アリアは前からありましたが、レーシングバイクのスプリント、エンデュランスバイクのインフィニートXEが追加されたわけですが、価格も似ているこの3つ、どれが買いなのか比較してみます。




アリア、スプリント、インフィニートXEの比較

まずはそれぞれのフレーム重量から見てみます。

ARIAARIA DISCSPRINTSPRINT DISCINFINITO XE
タイプエアロエアロレーシーレーシーエンデュランス
ブレーキタイプリムディスクリムディスクディスク
フレーム重量1100g1080g1100g1100g
フォーク重量370g420g

空欄は不明ですw

ディスクブレーキ用フレームとフォークは、リムブレーキ用よりも重くなるのが普通です。
恐らくこれらはほぼ重量的には変わらないレベルだと思います。

次の価格帯を見ていきましょう。

タイプ価格(税別)
アリア ディスク105エアロ320,000
アリア 105エアロ263,000
スプリント ディスク105レーシー278,000
スプリント 105レーシー228,000
インフィニートXE ディスクアルテグラエンデュランス348,000
インフィニートXE ディスク105エンデュランス298,000

価格帯も非常に近いあたりになっています。
どうしてもディスクブレーキの場合はコンポ自体が高くなるので、リムブレーキ車とディスクブレーキ車では価格の開きが出ますね。
スプリント105(リムブレーキ)が最もお買い得というところでしょうか。

どうやって選ぶか?

価格帯も似ているし、フレーム重量もほぼ同じなアリア、スプリント、インフィニートXEです。
どれも共通しているのは、
・カウンターヴェイルは使われていない
・ミドルグレードのカーボンフレーム
・インフィニートXEにアルテ完成車があるが、それ以外は全て105完成車

この中で試乗したことがあるのはアリア(リムブレーキ)だけですが、

【試乗インプレ】ビアンキのARIAの試乗をしてきました。エアロロードとしての性能は??

アリアについては、嫌な硬さがあるわけでもなく、乗りやすい一台だと感じました。
オールラウンドに使える感じがしましたが、アップライトなラクなポジションで乗りたいならインフィニートXE、レーシーな乗り味を求めたいならスプリントもしくはアリアというところでしょうか。

ロングライド志向の方でも、スピードにこだわりたいならインフィニートXEよりもアリアもしくはスプリントのほうが良さそうです。
アリアなのかスプリントなのかについては、ここは見た目だけで決めてもいいかもしれません。
なにせフレーム重量もほぼ同じですし、レーシーなスプリントのほうが登坂性能がいいとも限らないかと。

ビアンキの20万円台ですが、スプリントの前作のセンプレもそうでしたが、ガチガチの硬さとかではなく、むしろ乗りやすいほどよい硬さという感じでした。
アリアについても、エアロフレーム独特の縦の硬さが強すぎるわけでもないので、乗りやすい部類かと。



ただこの価格帯、もうちょっと頑張ればオルトレXR3の105完成車も視野に入ってくる価格帯です。
オルトレXR3105は、335,000円(税別)。
オルトレXR3になると、フレームにカウンターヴェイルが入ってくるので、振動吸収性が抜群に良くなります。
カウンターヴェイルの場合、振動を吸収するというよりも、振動をカットしている感覚なんですね。

【試乗インプレ】ビアンキのOLTRE XR3を体験。カウンターヴェイルを搭載したエアロレーシングバイクの実力は、想像を超えた世界だった。

フレームがしなって振動を吸収するわけではなくて、フレームの剛性は十分ながら、フレーム素材が振動をオフにしている感じとでもいいましょうか。
この感覚はアリアにはありません。

スプリント105とオルトレXR3 105だと、なんだかんだ10万円近い差になってきます。
スプリント105(リムブレーキ)はある意味お買い得なロードですし、予算が限られているなら、スプリントを買ってホイールをゾンダあたりにするでも走りがかなり良くなるはずなので、2020年モデルのビアンキは、やはりスプリント105が狙い目になってくるのかなと思われます。