フレームのメンテナンス

ロードバイクを買って絶対にやってほしいことは、フレームのメンテナンスです。
メンテナンスといっても難しいことはありません。
簡単にいえば、きれいな状態を保つだけです。

泥まみれ、オイルまみれのフレームはカッコ悪いです。
ピカピカの状態を保つのがオススメです。

水拭き

一番簡単なのは、硬く絞った雑巾で水拭きすることです。
私は化学ぞうきんのような柔らかいものを使っています。
ゴシゴシ擦ると塗装を痛めますから、優しく拭いて行くだけです。

私の場合はさらに、ホイールも磨きます。
ホイールのリムのブレーキゾーンが真っ黒になってくると、ブレーキの効きも悪くなります。
従って私の場合、乗るたびにフレームとリムを水拭きします。
リムは力を入れてゴシゴシやって大丈夫です。

ワックス

時々ワックス掛けもしてあげます。
拭くピカのように使いきりのワックス成分入りのものもありますが、コストを考えたらこれがオススメ。
1459174353205
フィニッシュラインのShowroom Polish & Protectantです。
http://finishline.jp/protectant.html
これを拭きつけて拭くだけです。ホイールには使わないでください。

水洗いはどうなの?

プロチームでは洗剤を泡立ててスポンジで擦って汚れを落とし、最後はホースで水をジャブジャブかけます。
この方法のほうがきれいになります。
ですが初心者にはオススメしません。

ロードバイクの場合、いろんなところにグリスやオイルがついていて、さらにその多くはむき出しになっています。
そのため洗剤と水ではグリスやオイルを流してしまいます。
プロチームが水洗いするのは、そのあとに必要なところにグリスアップしたり、オイルを注油します。

チェーンの注油は誰でもできますが、ホイールの回転部分は知識と技術がないと分解してグリスアップできませんし、下手にいじるとベアリングを壊します。
なので自分でホイールの分解やグリスアップができるようになるまでは、水洗いは厳禁です。

ちなみにボトルケージ取り付け用のボルトなど、全てのボルトには錆び止め目的でグリスが薄く塗られています。
雨天走行してしまったあとには、本当は一度バラバラにしてグリスアップしたほうがよいのです。

     

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up