PVアクセスランキング にほんブログ村

[2023]BMC Roadmachine 01 AMP。オールロードE-BIKEを発表。 X。

2023年モデル

BMCがオールロードE-BIKEとして、Roadmachine 01 AMP Xを発表しました。

2023 BMC Roadmachine 01 AMP X

blank
Homepage | BMC

E-BIKEってバッテリーの関係でやたらダウンチューブが太いデザインが多い気がするけど、かなりスッキリした見た目に仕上がってますね。
ドライブ ユニットはTQ-HPR50。
トレックでも採用されているドライブユニットで、軽量小型で360whのバッテリーを使用。

 

あんまりこういうこと書くとアレなんだけど、E-BIKEの極太ダウンチューブの見た目があんまり好みではなかったので、パッと見でE-BIKEとはわからない程度の自然なデザインがグッド。

 

ステムは、ICS MTT x Redshiftサスペンションステムを採用。
エストラマーを挟んだサスペンションシステムで、エストラマーを交換することでサスペンションの硬さをコントロールできます。

オールロードということから、タイヤクリアランスは38mmまで。
エンデュランスロードとグラベルロードの両方の性質だと考えればよい。

 

完成車は2つ。

ONE TWO
フレーム Roadmachine 01 AMP X Premium Carbon
フォーク Roadmachine 01 AMP X Premium Carbon
コンポ SRAM FORCE XPLR eTap AXS(1×12) SRAM Rival XPLR eTap AXS(1×12)
タイヤ Pirelli Cinturato Gravel H, 35mm
値段 €8,499 €7,499

どちらもコンポはスラム1×12。
フロント44T、リア10-44T。
12sなのでフロントシングルでも十分なギアレシオ。
オールロードですがリアセンター長は415mmに抑えているようです。
フレームサイズは6種類。

日本では?

日本はE-BIKEのアシスト比がヨーロッパとは異なるため、販売されるのかはよくわからません。
けどこの手のE-BIKEってヨーロッパではウケているのか、グラベルE-BIKE、オールロードE-BIKEって増えてます。

 

個人的にはレッドシフトのサスペンションステムってどんな感じなのか気になってますが、オンロードではあまり聞きませんね。
どうなんだろ。

 





コメント