ロードバイクでノーヘルってどう思いますか?【質問いただきました】

ヘルメットについて質問を頂きました。

今年からロードバイクで通学しようと思っていますが、制服を着ているのでヘルメットを被ることに抵抗があるというか、カッコ悪いと思います。
ロードバイクを買った自転車屋ではヘルメットは買わないとダメと言われましたが、ノーヘルでもいいんですよね?




回答いたします。

法的には【任意】

日本国内では、自転車を運転するにあたってヘルメットを被らなければならないという法律はありません。
なので【法的には】被っても被らなくてもどっちでも問題はありません。

しかしながら、恐らくは日本国内で見かけるロードバイクの、90%以上はヘルメットを被っているのではないでしょうか?
90%という数字には特に根拠はなく、勝手な予想です。

私が見かけるノーヘルのロードバイクですが、だいたいの場合はこんな感じです。
・歩道走行している(特に学生)
・ごく一部のベテランローディでたまにノーヘルを見かける

圧倒的に多く見かけるのは、制服などを着て乗っている高校生でしょうか。
あと理由は不明ながらも、ベテラン風の方でたまに見かけます。

ただ、くどいようですが、法的にはノーヘルだからと言って捕まるようなことはありませんし、違法性は全くありません。

私も最初はノーヘルでした。しかし

私の場合はクロスバイクから入ってロードバイクに乗り換えていますが、クロスバイクを買って最初の2ヶ月くらいはノーヘルでした。
ヘルメットを購入した理由ですが、あるところにサイクリングに行った際、かなりの急勾配の下り坂で命の危険を感じたからです。

スピードは50キロを超えていましたし、道路には滑り止めの縦線が入っていて、自転車には危険すぎる場所でした。
ここを通った翌日にヘルメットを買いました。

さて、ノーヘル派の人の意見を聞くと、だいたいはこういう意見になります。
・歩道ばかり走るつもりだから、危険性はない
・そんなにスピードを出すつもりもないし、自分は大丈夫
・通学程度なんで大丈夫

私は過去に、事故には2回遭っています。
一つは、通学中にかなり道幅が広くて片側二車線の真っすぐな国道を走行中に、後ろから車が突っ込んできました。
なお、この時は昼間で明るく、なおかつ車通りも少ない時間帯でした。

もう一個は昨年11月に小指を骨折したときの事故ですが、これは単独落車です。
道路の継ぎ目に引っかかって落車しました。

まず前者の事故ですが、運転に自信がないという中年の男性が、自転車を追い抜こうとして失敗したそうです。
マジで免許返納してくれ・・・
自分がどれだけ気を付けていても、クソみたいな奴がいたらやられます。

二個目は道路の継ぎ目に気が付きませんでした。

このどちらの事故でも、頭は打ち付けています。
ヘルメットがなかった場合には死んでいた可能性もなくはないですが、幸いなことに頭部については無傷でした。

さて、よくノーヘル派の人の意見をもう一度見てみましょう。
・歩道ばかり走るつもりだから、危険性はない
・そんなにスピードを出すつもりもないし、自分は大丈夫
・通学程度なんで大丈夫

・歩道ばかり走るつもりだから危険性はない

そもそも歩道を走るなという話になるのですが、それはひとまず置いておきます。
歩道だから安心、というのはちょっと危機意識が足りていないかなと。

最近はご老人が運転する自動車が、歩道に乗り上げて爆走した事案がたくさんあります。
歩道だから安全と考えるのは甘いなと思ってしまいます。
あと、歩道のガタガタで転んでという事故もあり得ます。
個人的には歩道を走るなと言いたいところですが・・・

・そんなにスピードを出すつもりもないし、自分は大丈夫

私の場合ですが、20キロくらいの速度で走行中に、運転が下手な中年男性の車が突っ込んできて血だらけ&救急車でしたが、速度がどれくらいであっても事故るときは事故ります。

・通学程度なんで大丈夫

これについては論外で、通学中でも通勤中でも事故るときは事故ります。
私も通勤中に喰らっています。

法的には任意、だからこそ

頭部を打ち付けるのって、あっさりと爆死してしまうことがあります。
私はいつもノーヘル派の人に聞きますが、【自転車ごときで死にたいですか?】と。

私にとってロードバイクは生活の大きな部分を占めている重要なことですが、かといってロードバイクで死にたくはありません。
ヘルメットがあれば防げた事故でも、ノーヘルならあっけなく絶命することがあります。

元々、プロ選手でもレース中のヘルメット着用は義務ではありませんでした。
ヘルメットが義務になったのは比較的最近の話なのですが、これはレース中に起こった落車事故で死んでしまったファビオカサルテッリ選手の件がきっかけとも言われています。

安いヘルメットなら数千円で買えると思いますが、数千円出すのをケチったとか、カッコ悪いという理由でノーヘルのままで死にたいですかね?
正直なところで書きますと、例えば親しい人がノーヘルロードで事故って死んだとしたら、素直に悲しいというよりも【アホだなぁ】という感想を持ってしまう気がします。

あと、序盤で【一部のベテラン風のローディでもたまにノーヘル派を見かける】と書きましたが、私の知っている人でも、昔は誰も被っていなかったからという理由でノーヘルです。

私が使っているのはOGKカブトのヘルメットですが、ノーブランド品なら安いものもあります。

こんなものでも、無いよりはマシでしょう。

高いヘルメットと安いヘルメットの違いを聞かれたりしますが、高いヘルメットのほうが頑丈というわけではありません。
高いヘルメットは軽量でなおかつ強度を保っているわけで、実質的な強度は高いものも安いものもほとんど変わらないでしょう。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット MOSTRO-R ホワイト サイズ:S/M
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
売り上げランキング: 61,340

まとめますと、ヘルメット着用は義務ではないので、自分自身で不要だと思うならしなくても構いません。
しかしノーヘルの場合、転んだ時には死ぬ可能性が大きくなります。

死ぬリスクが高くなることを承知しているのであれば、ヘルメットを被る被らないは他人から強制されるものでもありませんし、あとは自己判断しかないですね。

レースとかサイクルイベントでは、ヘルメット着用は義務化されています。




コメント

  1. 岸利徹 より:

    車が突っ込んで来るとかいうなら、ロードバイクだけでなく、ママチャリや歩行者もヘルメットした方がいいでしょう。
    そもそも、なぜロードバイクだけ簡単にスピードが出るからヘルメットという理屈になるんでしょう。ブレーキついてるんだから、ゆっくり下ればいいのでは。スピード出るからヘルメットとか言う前に、自転車の速度制限が先ですよね。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      >車が突っ込んで来るとかいうなら、ロードバイクだけでなく、ママチャリや歩行者もヘルメットした方がいいでしょう。
      そもそも、なぜロードバイクだけ簡単にスピードが出るからヘルメットという理屈になるんでしょう。ブレーキついてるんだから、ゆっくり下ればいいのでは。

      ですから任意なんですよ。
      法的にヘルメットが強制されているわけではありませんし。
      被りたくない人がいてもおかしくないですし、被りたくないという人にヘルメットを強制できる根拠は何一つありません。

      >スピード出るからヘルメットとか言う前に、自転車の速度制限が先ですよね。

      自転車の速度制限はありますよ。
      その道路で指定されている法定最高速度が制限速度です。

      60キロが法定最高速度の道路なら、自転車の制限速度も60キロです。
      ですがママチャリで60キロ出ますか?
      MTBで60キロ出ますか?
      60キロ出せる可能性がある自転車というと、ロードバイクかピストバイクですよね。

      そういう速度で自転車が走った場合、危ないから私ならヘルメットは被りますよという記事です。
      それに対して【俺は被らん】という人がいても私から強制できるわけでもないんで、書いているように自己責任で任意でどうぞとしか言えません。

  2. ロードバイクデビュー より:

    いつも記事参考にさせていただています!今日新車取りに行って来ました。私も半年クロスからロードバイクにしました、1年で2台も買ってしまいましたがクロスで良い経験になり、またサイクリングにはまるきっかけに!初ビンディング30分ほど練習でつかめそうです。ショップの社長さんにクロスバイクで乗り降り教えていただいていたから!1回だけ立ち転けしましたけど、そのまま家まで乗って帰りました。アドバイスしてくれとありがたいです。このサイトもです✨

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      ビンディングは慣れた頃に立ちゴケしやすいので、安全運転で行きましょう!

  3. ななし より:

    ヘルメットよりもアイウェアの方がよほど必要。ノーヘルは自己責任ですが、ノーグラスは視界を奪われ第三者を巻き込む可能性もある以上、自己責任じゃ済まない場合がありますからね。アクシデントに備えるヘルメットより、アクシデントを防ぐアイウェアを必需品まで押し上げてもいいように思いますが、世間的にはロードバイクの装備としての重要度が他に比べて低いようです。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      どっちも大切というなら話はわかりますが、ヘルメットより重要というのはちょっと違うと思います。
      ヘルメットも、乗り手に責任がある事故なら自己責任かもしれませんが、他人の事故に巻き込まれることだってあるわけですし、主張されたい内容がよくわかりません。

      そもそも、どっちが大切とか順位を付ける意味はどこにあるのでしょうか?
      どっちも大切で良くないですか?

      • ななし より:

        返信ありがとうございます。

        ヘルメットは自分の頭を守るか守らないかなので、自己責任の範疇です。ヘルメットが他人に及ぼす影響は限りなく無ですが、アイウェアに関しては違うと思います。どうでしょうか?
        主張としましては、ノーヘルよりノーグラスの方が危険なので、取り沙汰されるならこちらでは?と言うものです。全てのサイトを網羅したわけではないですが、自分がネットサーフィンする範囲ではノーヘル>ノーグラスの図式が多いので。ノーヘルはパワーワードですから。

        優先順位は、危機意識への警告のためつけた方がいいですし、少しずつ装備を足していくような方に向けてでもあります。より多く投資する先も優先順位で決める時が多いかと思います。優先順位は大事だと思います。

        無論、両方あった方が良いです。どちらも大切です。ですが今回私が書き込んだのはそういう論旨ではなかったですので。

        • roadbikenavi より:

          コメントありがとうございます。

          一点お伺いしたいのですが、

          >ノーグラスは視界を奪われ第三者を巻き込む可能性もある以上

          これはノーグラスで、例えば虫などが目に入ってしまい視界が遮られるということにより、走行ラインを乱してということであってますか?

          この場合の第三者というのは、具体的にどのような人を想定しているのでしょうか?

          そこがイマイチ理解できなかったので、よろしくお願いいたします。

          • ななし より:

            返信ありがとうございます。

            合っています。走行ラインを乱したり、前方の視界確認が遅れ、それにより自らが事故の主体になることが一番危惧すべきだと思っています。
            また簡潔に書くため虫の例しかあげておられないものと思いますが、アイウェアがない場合に目に起こるアクシデントは多いです。一回のライドでも複数回起こると思います。なのでこういう主張に至っています。

            第三者というのは通行人や道路を共有する車やバイクなどの無関係の他人のことです。事故に巻き込む恐れのある人々です。

          • roadbikenavi より:

            コメントありがとうございます。

            おっしゃりたいことの意味はわかりました。
            これの返信は、別記事にてさせて頂きたいと思います。

            よろしくお願いいたします。