【2019年モデル】MERIDA SCULTURA100。エントリーロードだが上位モデルとフレームは同じ。

メリダの2019年モデルが続々と登場していますが、今回はエントリーグレードで10万以下のアルミレーサー、スクルトゥーラ100です。

メリダのスクルトゥーラは乗りやすく加速性も高い一台として評価が高いですが、エントリーグレードで10万以下と言えど、上位モデルとフレームは共通なわけで。



2019 MERIDA SCULTURA100


MERIDA(メリダ) 2019年モデル SCULTURA100 (スカルチュラ 100 スクルトゥーラ100)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2019年モデルのスクルトゥーラですが、フレーム自体は昨年と同じでカラーリングが変更になっています。
どうですか?このマットブラック。
10万以下とは思えぬ高級感が出ていると思いません??

メリダのアルミスクルトゥーラは、100、400、410、700とあります。
410は小柄の人向けのものですが、この3つはフレーム自体は同等品です。

厳密に言うと、700だけはBB規格がPF86になっているのでフレームが違うと言えますが、根本的な設計や重量、使っている技術は100でも700でも同じです。
これは一度メリダ代理店のミヤタサイクルに聞いているので間違いありません。

先日の記事について。メリダのスクルトゥーラ100と700のフレームの違い。

カラーはマットブラックのほか、グリーンもあります。

メリダの場合、レーシングバイクがスクルトゥーラ、ロングライドモデルがライドという分類になっています。
レーシングバイクだからロングライドに向かないと勘違いする人がいますが、そもそもプロのレースなんて一日200キロとか走るわけで、一般人にとってはロングライドですよね。
乗り味の違いはありますので、ロングライドでもスクルトゥーラを選択する人も多いです。

スクルトゥーラ100のスペック、2018モデルとの違い

こちらは2018年モデルのスクルトゥーラ100です。

メリダ 2018年モデル SCULTURA 100 / スクルトゥーラ 100 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】

2019 2018
フレーム アルミ アルミ
フォーク フルカーボン フルカーボン
STI クラリス クラリス
クランク FSA Tempo 50-34 FSA Tempo 50-34
FD,RD クラリス クラリス
スプロケ Sunrace CS8 11-28 Sunrace CS8 11-28
ブレーキ クラリス クラリス
ホイール メリダオリジナル メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold Maxxis Dolemites 25 fold
重量 9.5キロ
定価(税別) 99,900 93,900

スペック自体は特に変更はないようです。
ただ2018年モデルに比べて6000円の値上げです。

スクル700と400は1万円の値上げですし、今年はシマノパーツをはじめとしてパーツメーカーの値上げが相次いでいますので、これは仕方ないところでしょうか。
昔はクラリス完成車というと定価は8万ジャストくらいが相場でしたが、どこのメーカーも続々と値上げですよね。

個人的には2019年モデルのマットブラックが好みですが、カラーリングにこだわらないなら2018年モデルの在庫を探したほうが安く買えるということになります。

アルミスクルトゥーラの持ち味

私はアルミスクルトゥーラは結構評価していまして、このフレームは実は軽量アルミと言えるほど軽量というわけでもありません。
例えばキャノンデールのCAAD12やジャイアントのTCR SLR、コーダブルームのFARNA SLなどに比べるとフレーム重量はちょっと重くなるのですが、非常にバランスが良く、加速性と乗り心地をこの価格ながら両立しているのがポイントだと思っています。
レーシングバイクの中には初心者には乗りづらいようなモデルもありますが、変な癖もなく乗りこなしやすい一台ですね。

メリダのアルミフレームですが、この価格ながらフルカーボンフォーク採用というのも凄いところです。
多くのメーカーは、この価格帯だとアルミコラムのカーボンフォークです。
アルミコラムのカーボンフォークは、フルカーボンフォークよりも200gくらい重くなります。
なのでスクルトゥーラ100はクラリス完成車ながら、9.5キロとまずまずの重量に収まっている点にも注目です。

この価格ながらワイヤーもフレームに内蔵。
強いて言うならメリダは付いてくるホイールが重いのですが、重いホイールが付いていてこの総重量なので、ホイールを変えれば一気に8キロ台に行きますね。

だいたいですが、メリダの完成車についてくるホイールは、前後で2200g弱くらいあります。
これがもし1500g程度のホイールになれば、一気に8キロ台に行く可能性もあるということです。
(フレームサイズで重量が違うので、必ず8キロ台に行くかは何とも言えませんが・・・)

スクルトゥーラには最低でもレーシング3あたりを付けたほうがいいと思います。

Fulcrum Racing 3 Wheelset

重量 1560g(ペア)
リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ x(25c以上)
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

あえてゾンダではなくレーシング3とした理由ですが、スクルトゥーラのフレームはレーシングバイクです。
こういうフレームには加速のキレがあるホイールを付けたほうが絶対に楽しい。

ゾンダよりもレーシング3のほうがわずかですが加速性と剛性は高いので、ゾンダよりもレーシング3のほうがベストマッチかなと。

最近のクラリスって、変速性能も上がっています。
リア8速しかないのでいい感じのギアが選びにくいという弱点はありますが、あえて105モデルのスクルトゥーラ700などを選ぶよりも、スクルトゥーラ100+レーシング3のほうが走りは上質なんじゃないかと思うわけです。


MERIDA(メリダ) 2019年モデル SCULTURA100 (スカルチュラ 100 スクルトゥーラ100)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする