シューズの値段に差がある理由。ロードバイク用のシューズは高いほうがいい??

ロードバイク用シューズについて質問を頂きました。

ビンディングペダルでSPD-SL系の物を探しています。
ペダルはシマノのライトアクションにしようと思っているのですが、
初めてなので、シューズの方が1万円~4万円ぐらいまであり、
どれを選んでいいか?分かりません。値段が高ければ、
性能は良いと思うのですが、値段の違いは何か?という事と
シマノ、マビックで初心者おすすめのシューズを教えてください




回答いたします。

シューズに価格差がある理由

ロードバイク用のシューズを選ぼうとするとき、様々な値段のものがありますよね。
安いものなら1万弱から買えますし、4万くらいするものもあります。

さて、これらの価格差はどこから来るのでしょうか?

締めつけ方式の違い

シューズは足を締めつけるわけですが、この時の締めつけ方法の違いでまずは価格差があります。

廉価グレードだと、2本のベルクロ止め。

ちょっと高くなると、ベルクロ&アジャスター止め。

SIDI(シディ) GENIUS 7 BLK/BLK/RED 42.5/26.25cm相当
SIDI(シディ)
売り上げランキング: 27,974

最高級品だと、ワイヤー止め。

ワイヤー止めのほうが細かい調査が可能になるわけです。

ソールの硬さ

一般的に、値段が高くなるほどソールの硬さが硬くなる傾向にあります。
ソールの硬さというのは、要は駆動剛性に関わるわけです。
踏み込んだ時のパワーを逃がしにくい=ソールが硬いと言えますが、硬けりゃいいというほど単純でもありません。

硬いということはレースではいいかもしれませんが、硬すぎると疲れる原因になります。
なので高い⇒硬い⇒最高、といった簡単な図式ではありません。

ソールが軟らかすぎて困るという話はあまり聞きませんが、硬すぎると疲れる原因になりかねません。

軽量性

高いシューズは、安いものに比べると軽量になっていることがほとんどです。
シューズの軽さですが、個人的には侮れないと思っていまして、100gくらい軽量化するとペダリングは軽くなります。

フィット感

高いシューズではフィット感を高める工夫が施されていたり、ズレにくい工夫がある場合もあります。
ただしこういうのはそういう仕掛けがあるからいいわけでもなく、最終的には相性の問題と言えます。

シマノとかでは、高いシューズに関しては熱成形でフィット感を高める工夫があったりします。

最終的には相性の問題だけ

シューズってなかなか難しくて、高いシューズが全ての人にいいわけでもありません。
私自身、最初はSPDでシマノのシューズを使っていました。
これはどちらかというとスニーカーに近いタイプです。

ロード三つ穴に変えるとき、最初はシマノのシューズを考えていました。
理由は安いからです。

ショップに行って試着したときに、シマノのシューズはどれも合いませんでした。
私は幅広な足なのですが、シマノの幅広モデルでも全く合わず。
合ったのはSIDIでした。

私が試着した限りでは、シマノのシューズは革が硬く、SIDIは革が柔らかめでフィット感も抜群によかったです。
あと勘違いしている人も結構いますが、シマノだから日本人向けのシューズというわけでもありません。
多くのメーカーは、アジア人の足くらい研究して製品化しています。

ですがSIDIは合わないからスペシャライズドしか履かないという人もいますし、とりあえず見た目で気に入ったモデルを試着して決めてくださいとしかいいようがないんですね。

SIDIだとヒールが擦り減っても交換できますし、なかなか良くできているなと感じます。

オススメのシューズはなんですか?と聞かれると、結構困ってしまいます。
私自身はSIDI推しですし、SIDIは人気が高いですが合わないという人もいます。
なのでショップに行っていろいろ気になったものを試着して決めるしかないんですね。

また、高けりゃいいという話でもありません。
硬すぎるソールのものだと、足が売り切れになるのも早いでしょうし。
個人的には、定価で2万円台くらいがオススメかなと思っています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする