【2020モデル】MERIDAのREACTO400。アルミエアロロードで希少価値があり人気の一台。

アルミでエアロフレームというと多くの会社が出してないジャンルになるのですが、定番中の定番。
アルミエアロロードというと、メリダのリアクト400です。

今期はCAAD13も出ているわけですが、エアロっぽいゴツゴツした感じはやっぱリアクトでしょうか。

2020 MERIDA REACTO400


個人的な予想では、メリダのアルミフレームは今年あたりにモデルチェンジして来るんじゃないかと勝手に予想してましたが、フレームはカラーの変更だけで継続モデルのようです。
カラーは二種類。
こちらが、SIK_TITAN/DARK_SILVER。

こちらがGLOSSY_BLACK/RED。

管理人
管理人
2020年モデルのメリダは、完成車にはバーレーンメリダカラー(チームレプリカ)がありません。

前はランプレメリダカラー、最近はバーレーンメリダカラーのリアクト400があったわけですが、2020年モデルではチームレプリカカラーがありません。

今のところ、まだメリダの公式HPが2019年モデルのままですが、判明しているスペックとしては、2019モデルと同じようです。

フレーム アルミ
フォーク カーボン
STI 105
クランク FSA Gossamer Mega 52-36T
FD,RD 105
スプロケ 105 11-30T
ブレーキ Shimano 105-direct
ホイール メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Dolomites 25C fold
定価(税別) 169,900

定価も2019モデルと変更なし。
2019モデルの重量が9.3キロだったので、恐らくは同じでしょう。

リアクト400の弱点

リアクト400ですが、アルミエアロなので結構フレームが重いです。
カーボンエントリーフレームのリアクト4000で完成車重量が8.6キロなのですが、パーツスペックはほぼ同じようなものなので、そのまんまフレーム重量差かもしれません・・・

【2020モデル】MERIDA REACTO4000。お買い得カーボンエアロフレームは今年も健在です。

ただ、走り自体はそこまで重いわけでもないんですね。
この価格帯らしく、ホイールは鉄下駄です。
この価格帯の完成車を買えば、だいたいは何を買っても鉄下駄しか付いてこないので、リアクト400だけの問題ではありませんが。

なのでリアクト400は、ホイールを変えると走りが相当良くなります。

管理人
管理人
メリダオリジナルホイールはクソ重いので、絶対に変えたほうがいいですよ!

クランクがFSAのゴッサマーなのも本来は変えたほうがいいですが、高望みしなければ完成車すぺ区でも走りは悪くはありません。

アルミのエアロフレームは、値段的にはお買い得になりますが、重量面で重くなるので多くのメーカーが作っていません。
リアクト400については、一時期やたらと見かけた時期がありました。
やっぱ極太フレームでカッコいいということで、人気が高いんでしょうね。