【2021モデル】FUJI JARI。フレームをリニューアルしたアルミグラベル。

FUJIのJARIシリーズというと、アルミフレームのグラベルロードとして有名な存在なんですが(JARI CARBONもありますが)、アルミのJARIがモデルチェンジしました。
フレームが一新されたグラベルロードの持ち味とは?

2021 FUJI JARI

フレームが一新されたFUJIのJARIシリーズ。
主な注目ポイントですが、まずはこちらが2020年モデルのJARI1.3。


続きまして、2021年モデルのJARI1.3。


さて、何が違うでしょうか?

主な変更ポイントですが、まず、ドロップシートステイ採用になりました。
つまり、2020年までのJARIはこうなっていたのが、

2021年モデルのJARIでは、シートステイとシートチューブの交点が下がったわけです。

これの効果は、シートチューブがしなりやすいようにすることでの乗り心地の向上がまず1つ。


悪路を走るグラベルロードでは、このタイプがものすごく増えていますね。

あと、リア三角がコンパクトになるので、

駆動剛性を上げるという目的もあります。

乗り心地を向上させながら、駆動力も上げてみようというのがこのドロップシートステイの特徴ですね。

FUJIの場合、数字が小さいモデルが上位モデルになっています。
ドロップシートステイはどのグレードのJARIでも共通ですが、アルミグラベル最上位のJARI1.3のみの特徴。

右チェーンステイが、BBから一度下がって上がっている形状で、左右非対称設計。
この下がったチェーンステイの意味は、太いタイヤを履けるようにすること、大きなチェーンリングでも干渉しにくくするという二つの効果があるわけで。

1.3だけが下がっている形状なのは、JARIシリーズの中で最上位だから特別仕様・・・なのかもしれませんが、単にJARI1.3だけがフロントシングル仕様(スラム)だからという事情もあるのかもしれません。
グラベルで大きなチェーンリングといっても、なんじゃそりゃとなっちゃうので。
フロントシングルでそこそこの大きさのチェーンリングを使っても干渉しないように、というのが恐らく正解。

といっても、さらに上位にいるJARI CARBONだと、この右だけ下がったチェーンステイではないんですけどね。

もう1つの特徴ですが、バイクを担いで通らないといけないような悪路も想定して、担いだときに肩に当たる部分に2mm厚のシリコンパットを装備。

https://www.fujibikes.jp/products/jari-1-3-2/

違う分野だとパット入れて盛っているのは詐欺じゃないか!と言われても不思議ではありませんが、もちろんグラベルロードの世界ではむしろ歓迎すべきポイント。

【分かっている仕様】と言ってもいいのかもしれません。

BBはあえてJISにすることで、メンテナンス性重視。
ただしスペック表を見る限り、BB386フレームにアダプタを入れてJIS化しているとか、そういう感じのようです(グレードにより若干の差がある模様)。
ボトルケージも5つ装着可能という、グラベルロードの王道です。

JARI1.3、JARI1.5、JARI1.7

簡単にスペックを比較します。

JARI1.3JARI1.5JARI1.7
フレームA6-SL アルミ
フォークフルカーボン
STIスラムAPEX(1×)ティアグラ油圧ソラ
クランクVELO46-30TFSA46-30T
FD/RDスラムAPEXティアグラソラ/アリビオ
スプロケスラム11-42Tソラ9速
ブレーキスラムAPEX油圧ティアグラ油圧テクトロ機械式
タイヤPanaracer Gravelking SK, 700 x 43c
重量10.3キロ10.4キロ11.9万
値段(税別)22万17万11.5万

今年のFUJIのサイトはちょっと雑・・・といいますか。

例えばJARI1.3のクランクが、シマノの50-34Tと表記されている割には、どうみてもスラムAPEXのフロントシングルだとか。
JARI1.5はコンポがティアグラなのに、スプロケがスラム11-42Tとなっているとか(どう考えてもキャパオーバー)。
もしかしてティアグラのロングケージRD、42Tまで動かそうという新しい試み・・・とは考えにくいw

1.7のスプロケも、歯数の表示が無いw
1.5と1.7のタイヤも不明なんですが。

いやいや、これからですよね。
間違ってもタイヤが付いてこないということはないので、ご安心を。

でも、タイヤが付属しない完成車があっても、ある意味では面白いですよね。
だって自分で好きなタイヤを選べるわけですよ?
まさかリムで走って帰るわけにはいきませんが、2022年モデルあたりからは、タイヤが付属しない完成車で、タイヤは自分で選ぶスタイルでも面白い。
まあ、ショップはタイヤの在庫を増やさないといけないし、大変なだけでしょうけど。

フレームは全てA6-SLランクなので、細かい違いは先ほども書いたように、1.3だけは右チェーンステイが下がる以外は同等品。
6061アルミという、オーソドックスなアルミ素材と、リアエンド付近には6066アルミを使用した一品。
FUJIってこういうの、好きですよね。

とりあえず、詳細スペックが不明なところもあるわけですが。
一番の変更ポイントは、やはりドロップシートステイ採用のフレームに変更したことでしょうね。