PVアクセスランキング にほんブログ村

夜間ライドとアイウェア。

ロードバイクに乗るときには、ヘルメットと同じくらい大切なのがアイウェア。
今ぐらいの時期ならまだいいんですが、夏場とか虫が目に飛び込んできて爆死しますし。

かといって昼間に使っているアイウェアをそのまま夜に使うと、今度は視界が厳しくなるという・・・

夜用は当然クリアレンズ

今使っているのはこちらなんですが、

今年の春に、激安アイウェアのFERRYを購入して約半年経過。 もちろん今でも使ってます。 というよりも、これで十分過...

日中使っているのはこちら。

blank

これを夜に使うとどうなるかというと、視界はほぼ無くなります。
なので夜に乗るときには、クリアレンズのほうを使う。

blank

これ、二つ買ったわけではなくて、元々フレームが二本付いてくるし、交換レンズも5枚付いてきます。

blank

いわゆる安物ですが、なかなかどうして結構いい。
結構いいというか、普通に使えるし、クリアレンズも色付きレンズもあれば、フレームが二本あるのも嬉しい。
フレームが一本だと、いちいちレンズを変えないといけないですし。

夜はただでさえ視界が乏しいので、クリアレンズは必須です。

トンネルも

今使っているアイウェアを買って、初めて宮ケ瀬に行ったときのこと。

いつも愛川のほうから登っていくのですが、そこそこ長いトンネルがあるんですね。
すっかり忘れてこれのまま突入したら、

blank

トンネル内がかなり暗いので、フロントライトをつけていても視界はゼロにw
すっかり忘れていたとはいえ、マジで怖い。

冬の時期は虫が飛んでくることも無いので、夜間にアイウェア無しでもいいんですが。
何かあったときには視界が飛ぶのは怖いので、クリアレンズ。

11月くらいからは16時過ぎでも暗くなっていたので、日中乗る予定でも夕方まで被るときはクリアレンズにしてました。

オークリーとかブランドものはカッコいいんですが、機能性という面では別にこれで十分。
お金を使うところと、ケチってもいいところを考えていくと、とりあえずこれで必要にして十分という感じです。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…