初めてサドルが合わないかもと思った話。

今まで、サドルについて不満を持ったことがなかったのですが、今回は初めて【合わないかも】と感じています。
さて、これは調整次第でどうにかなるのか?ならないのか?



ビアンキについていたサドル

前に乗っていたビアンキ号についていたサドルは、SELLE SANMARCO PONZA POWER。
完成車付属品。280g。

実はこれ、最初にビアンキ号に乗って50キロくらい走ったときに、死ぬほどお尻が痛くなったサドル。
座面がやや凹んでいて、いわゆる【サドルの先端と後端を平行に】でセッティングすると、お尻が後ろに引かれるような感覚になって、お尻に体重がかかっている感がいっぱいだった。

なのでサドルの先端と後端で平行を出さずに、座面を平行に、つまりやや前下がりにセッティングして以来、ケツが痛いということは皆無になった。

サンマルコ Ponza Power Arrowhead bianchi RBH-062
サンマルコ
売り上げランキング: 867,911

ていうかこれ、こんなに高いのか??
ビアンキオリジナルカラーのサドルなので、非売品。
どうでもいいけど白いサドルは汚れ具合が凄くわかる。
これだけはどうしようもない。

LOOKのサドル

こちらについているのは、Selle Italia Q-Bik Flow。

まあまあ悪くない質感。重量は220g。

これの何が合わないかというと、サドルの穴。
穴自体は好きだし、無類の穴好きという自覚もあるが、サドルの穴は初体験。
軽量化にもなるし、尿道を圧迫しないし、いざというときはいろいろ使える可能性を秘めているのが穴あきサドルだと思っている。

で、穴の何が悪いのかというと、穴のフチがケツに食い込んで、痛い。
こんな体験は初めて。


Selle Italia – Q-Bik Flow サドル (アロイレール)

かなり安い。
ビアンキのサドルも、定価はこんなもんだと思うのだが・・・

試行錯誤で解決を目指す

さてこういった痛みが出た場合、どうしますか?
サドルを変えますか?
ケツパッドで何とかしますか?

いろいろ考えて、やや前下がりにセッティングしたら当たり方が変わるかなと思ってみたりしてます。
ただ、今回の敵は【穴のフチ】なので、要はここが当たる限りは厳しい予感しかしないです。

くどいですが、穴自体は好きなんです。
初めて嫌いな穴に出会いました。

ただし今回は激痛ではなく、100キロくらい乗ったあとに、フチが当たっていたところがヒリヒリする程度なので、慣れの問題かもしれません。

サドルを変えようと探し出して、ワケわかんなくなって何が合っていて何が合っていないかすら分かんなくなる人もいます。

家の中にたくさんのサドルが転がっているという人も知っています。

個人的な考え方としては、まずはセッティングで何とか試してみて、それでもだめならサドル交換をオススメしています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up