【2018年モデル】GIOSのTITANIO(チタニオ)。チタンフレームで独特の乗り味を。

続々と2018年モデルが出始めていますが、今回はGIOS(ジオス)のチタンフレーム、TITANIOです。
そもそもチタンフレームを製造しているメーカーは少ないわけで、チタンフレーム愛好家にとっては頼もしい一台なのではないでしょうか。

それではスペックを見ていきましょう。



GIOS TITANIO


GIOS(ジオス) 2018年モデル TITANIO FRAME & FORK SET / チタニオ【フレームセット】【ロードフレーム】

こちらのバイクの大きな特徴は、言うまでもなくチタンフレームであるということです。
チタンという素材は軽量かつ高剛性であることが特徴ではありますが、反面金属素材としては加工が難しく、製造コストが高くなってしまうのがデメリットと言えます。
そのため、多くのメーカーはチタンフレームの製造に消極的です。

このチタニオですが、フレームセットでの販売のみとなっています。

フレーム素材 3AL-2.5V TITAN
フォーク カーボン
シートクランプ 34.9mm
BB ITA
フレーム重量 1500g
フォーク重量 480g

フレームとしてみると、ちょっと重めな印象です。
重量だけで見てしまうと、エントリーアルミフレームと似たような感じになります。

チタンの特性で腐食しにくいという傾向があるので、長期間劣化しづらく、長い期間楽しめるというのが大きな特徴です。
アルミフレームはどうしても金属疲労で劣化が早いですが、チタンフレームの特徴としては劣化が進みにくいという点が挙げられます。

乗り味

正直なところチタンフレーム自体乗ったことがないのですが、どちらかというとレーシーな走りというよりはマッタリとしたツーリングというイメージが強い気がします。
ただ、フレームのジオメトリとしてはレーシーな印象です。

サイズ展開も5サイズあっていいですね。

チタンフレームも所有してみたいという希望はありますが、なかなか手が出ないというか、どうしてもカーボンフレームのほうに目が行ってしまうものでして・・・

さてこのバイク、どういうパーツで組むのがカッコよく仕上がりそうですかね?
私ならコンポはカンパニョーロ、ホイールもカンパニョーロ完組もしくはあえて手組ホイールとか投入しても面白そうな気がします。

Campagnolo – Athena (アテナ) 11スピードグループセット


Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

重量 1596g(ペア)
リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

当たり前ですが、カンパニョーロのコンポを使うならホイールも【カンパフリー】を選んでください。

チタンフレームはどうしても値段が高額になりがちなことで、マニア的なアイテム感が強いですが、他人とは違う一生モノのバイクが欲しいという人にもいいかもしれませんね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする