MAVICのコスミックプロカーボンUSTとコスミックプロカーボンSL USTは何が違う??重量だけ?

マヴィックのコスミックプロカーボンには、【コスミックプロカーボンUST】と【コスミックプロカーボンSL UST】の二つがあります。
マヴィックは名前だけ見てもイマイチわかりづらいなと思っているのですが、この二つのホイールの違いは何なんだ?と思う人もいるかと思います。

なので今回は、【コスミックプロカーボンUST】と【コスミックプロカーボンSL UST】の違いについて説明します。



共通点

実はリムは全く同じ

実はSLも非SLも、リム自体は全く同じです。
スペックはどちらも共通で、

リム素材 3Kカーボンファイバー
ブレーキ面 カーボン + iTgMAXテクノロジー
リムハイト 40mm
リム内幅 19mm
リム外幅 25mm
適合タイヤ チューブレス、クリンチャー

このようになっています。
なおリム重量は405gだそうです。
あるところの情報を見て405gと書きましたが、恐らく450gです。
これは40mmハイトのカーボンリムとしては軽いほうですね。

リムはNASA(の前身)が開発した空力に優れる構造で、前方からの空力だけでなく横風にも煽られにくい構造です。

ここで覚えておくのは、コスミックプロカーボンSL UST[とコスミックプロカーボンUSTでは、リムが全く同じということです。

違い

当たり前ですが、どこかが違うから名前も値段も違うわけです。
違う点は大きく二つあります。

ハブ

SLと非SLでは、ハブの設計、素材、フリーの構造などが違います。
これをまとめてみるとこうなります。

SL 非SL
ボディ アルミ アルミ
アクスル アルミ スチール
フリーボディ インスタントドライブ360

(アルミ)

FTS-L スチール
ベアリングシステム フロント QRM+

リア QRMオート

QRM

大きく違うのはフリーボディのラチェットシステムで、非SLのほうはマヴィック伝統のFTS-Lを採用。


二つの爪が引っかかる構造ですね。

SLのほうはインスタントドライブ360を採用。

DTでいうところのスターラチェットと同じような構造です。

この違いですが、インスタントドライブのほうが駆動剛性が高いようで、しかも引っかかりが多いので踏み込んだ瞬間にガツンと進むのがインスタントドライブ。
従来の二つ爪のほうは、インスタントドライブに比べると一瞬タメがあるような進み方になると言われますが、ほんのわずかな差です。

フリーボディの素材やシャフトの素材も違うので、SLのハブのほうが軽いということになります。

スポークパターン

SLと非SLの走りの特性を分けているのがスポークのパターンです。

まずフロントはどちらも18本ラジアル組。
ここは差がないのですが、非SLのほうが太いハブだったりしてちょっとだけ剛性差が違うようです。

大きく違うのはリア。

SLではマヴィックが誇るイソパルス組になっています。
これはフリー側ラジアル、反フリー側を2クロスにする組み方ですね。

非SLではこれが逆転しており、フリー側が2クロス、反フリー側がラジアル組です。
またSLに比べるとハブのフランジ幅を狭めていて、意図的にSLよりも剛性を落としているわけです。

SL 非SL
フロント 18本ラジアル 18本ラジアル
リア 24本

フリー側 ラジアル

反フリー側 2クロス

20本

フリー側 2クロス

反フリー側 ラジアル

コスミックプロカーボンUSTは、SLを意図的に剛性を落としたモデル

リム自体は共通なわけですが、特にリアのほうで大きな違いがあり、非SLはSLから意図的に剛性を落としたモデルと言えます。
ラチェットシステムでも従来の二つ爪を採用して足への負担を減らし、リアのスポークパターンで意図的に駆動剛性を落としたものと考えればいいでしょう。

SLのほうが上位なわけですが、個人的な見方では非SLはSLの劣化版ではなく、同じリムを使いながらコンセプトを変えていると見たほうがいいかもしれません。

SLで採用されているインスタントドライブ360ですが、踏み込んだらすぐにラチェットがかかる感じで加速力が上がりますが、人によっては足に来やすいとも言えます。
またリアの剛性をSLと非SLでは意図的に設計して変えており、同じリムを使いながらも違うコンセプトでまとめてみました的なホイールです。

コスミックプロカーボンSL USTは、レース向きと言えます。
意図的に剛性を落とした非SLのほうは、ロングライドで足を温存というエンデュランス的なホイールと見ていいでしょう。

重量差もあります。

SL 非SL
フロント 665g 745g
リア 825g 905g
合計 1490g 1650g
定価(税別) 32万 24万

リムは同じものですので、重量差の原因はハブの作りがメインですね。
同じリムを使いながらもコンセプトが違うホイールと言うのもなかなか面白いなと。

私自身今欲しいのは、非SLのほうです。
SLが高すぎて手が出ないというのもありますが、自分の乗り方と予算から見ると、非SLのほうが合ってそうかなと。

Mavic【マビック】Cosmic Pro Carbon SL UST Clincher Tubeless Carbon Road Wheelset




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. NV より:

    リム重量は405gってほんとですか?
    450gの間違いではないですか
    もしソースがあるなら教えてほしいです

  2. NV より:

    https://www.cyclowired.jp/microsite/node/257309
    こちらには450gと書いてます
    cosmicのステッカーがないぶん軽くなったのかな

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      リムハイトから見て405gはおかしいですよね。
      恐らく450gでしょうから、訂正しておきます。