T字路でロードバイクが二段階右折するとき、道路によってはクソ怖いという話。

先日書いた、二段階右折の記事ですが

最近、ロードバイクの右折レーンからの右折をよく見かける気がする。二段階右折は面倒なのか?

時と場合によっては、二段階右折がかなり怖いという話を伺いました。
これ読んでいて、私も思い当たることがありまして。



頂いたコメント

T字路は僕も悩みますね。特に、Tの横棒左端から縦棒に向けて右折するときです。
このケースで2段階右折する場合、1段目では横棒を左から右へ直進するクルマの左側で停止することになりますが(判りにくくてすみません)、この時、車道上で待つのは結構恐い。
クルマにとっても邪魔でしょう。
広い歩道があればそこに上げさせてもらうのもアリかもしれませんが…。
ですので、僕はこういう場合、2段階右折と、クルマと一緒に右折とを比べて、より危険の少なそうな方を選びます。
もちろん後者は法的にNGなので、ドライバーにはペコペコ頭を下げて入れさせて頂きます。皆さんはどうしているのでしょうか?
ヨーロッパでは、信号の無いラウンドアバウト(ロータリー)を自転車とクルマが一緒にぐるぐる回っていて、特にぎくしゃくしている様子もありません。お互い認めあっているんでしょうか。
羨ましいかぎりです。

法的にはロードバイクは二段階右折なのですが、ある場面では二段階右折するのが怖いという意見です。
これについては私も思い当たるので、ちょっと図式化してみます。

T字路での二段階右折

上で書いた状況を図式化してみます。
こんなT字路があったとします。

絵が下手なのと、細部がおかしい点はスルー願います。

このT字路で、右折したいとします。
法律に則って二段階右折するとなると、青い四角の位置で停止しますよね。

このとき、左側に歩道があればまだいいのですが、歩道も無く道幅も狭い道の場合、ここで停止していること自体が怖くないですか?
大型車とかバスが通るたびに、ほぼ接触するようなレベルで停止せざるを得ない場合もあります。

ここに横断歩道があれば、横断するタイミングもわかりやすいですが、

横断歩道も無い場合、どのタイミングで発進するか、結構難しかったりします。
信号が青になると同時に横から右折車がバンバン来ることもありますし。

かといってこっちで信号待ちするのは、法律的にはNGです。

違法なことを勧めるわけではありませんが、道路形状と交通量によっては、右折レーンに入ったほうがむしろ安全なんじゃないかと思うことすらあります。
もちろん、右折レーンに行くためには、直進車を邪魔する可能性があるので、交通量が多い道路であれば、そもそも右折レーンに行くことも出来ないでしょう。

今回メールいただいた方は、違法であることを認識しながらも、安全性が高いほうを選んで右折レーンに行くこともあるそうです。
これ自体をサイトで勧めるわけにもいかないのですが、私なりにはこういう場合、決め事を作っています。



諦める

私の場合ですが、これは道路形状や交通量にもよるので必ずどうするとは決めていません。
ただし、このT字路で右折は無理だと判断し、そのまま直進してしまうことも多いです

この場合、いろいろ方法はあるのですが、ほかの安全そうな交差点で二段階右折するか、途中で横断歩道があった場合には、その横断歩道を使って安全に反対側へ渡り、逆向きに変えて先ほどのT字路に戻るという手法です。

正直面倒ですし、反対側へ渡る横断歩道を見つけたとしても、そこに歩道がないなら信号待ちの待機場所がなくて結局怖い思いするので、かなり先まで進んでから逆向きになることもあります。
変に危ないプレイするよりはマシかなと思って、このような方法を取ることもあります。

このようなケースで、皆さんはどうしていますか?

アンケート

このようなT字路で、画像の下から上に向かっていて、右折したいとします。
左側には歩道も無く、狭い道です。

回答選択肢はこちら。
<画像1>

<画像2>

<画像3>

図のようなT字路で右折したい場合、どうしていますか?
  • 画像3のように、このT字路で右折するのを一時的に諦めることが多い 45%, 138 votes
    138 votes 45%
    138 votes - 45% of all votes
  • 画像1の位置で二段階右折待ちがほとんど 28%, 87 votes
    87 votes 28%
    87 votes - 28% of all votes
  • 交通量次第だが、右折レーンに行くこともある 15%, 45 votes
    45 votes 15%
    45 votes - 15% of all votes
  • このT字路での右折を諦め直進。安全に曲がれる交差点まで行く。* 7%, 21 vote
    21 vote 7%
    21 vote - 7% of all votes
  • 画像2の右折レーンに行ってしまうことが多い 4%, 13 votes
    13 votes 4%
    13 votes - 4% of all votes
  • 右側に歩道があれば歩道を通ることも考える* 1%, 3 votes
    3 votes 1%
    3 votes - 1% of all votes
  • 画像1の位置で右手で右折の合図を出して、待ってから右折する* 0%, 1 vote
    1 vote
    1 vote - 0% of all votes
Total Votes: 308
2018年12月22日 - 2019年1月7日
* - added by visitor
Voting is closed

一応、選択肢の追加が可能です。
ただし既にある選択肢と被るような回答は追加しないでください。

私の場合、常にこの方法と決めているわけではありませんが、時々【この交差点で右折は無理】と判断して、そのまま直進することがあります。
二段階右折の停止位置が怖すぎる場合は、だいたいそうなりますね。

難しいんですよね。
法的には右折レーンに行くのはNGなのはわかっていますが、右折レーンに行った方が安全だと思わしき場面もあるのは事実です。

例えばこれですが、

最初の交差点を左折後、即座に右折レーンに入り右折しています。
T字路のように見えるので、二段階右折しようにもこの人数だと待機場所もなさそうですし。

あえて言うならば、こういうところで右折しないというのも1つだと思います。
ほかの場所で安全に、法律に則って二段階右折すればいいだけなので、このような場所で無理に右折レーンに行く必要が無いとも思うのですが、皆さんはどうでしょうか?

シマノ(SHIMANO) CN-HG901 11S 116L ICNHG90111116
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 658




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする